妊娠出産

点滴がもたない。切迫早産の入院で針交換を避ける方法

切迫早産で長期入院となると、気になってくるのが点滴の針交換。
あまりにも点滴がもたなすぎて、毎日交換なんてことも…

さてさて、
どうして点滴がもたないのか?
もたせる方法はないのか?
について、

  • 切迫早産で2ヶ月入院
  • 3日連続、1日3回針をブスブスさした

経験を持つわたしの、小賢しい針逃避方法を書いていきます。

出産してから自分の時間はなかなか取れない…
今が最後のチャンス

自分の時間を満喫しませんか?

\ママのリラックスが赤ちゃんには一番/


切迫早産で入院したら点滴が持たない3つの原因

  1. 血管が弱くなってきている
  2. 点滴が漏れている
  3. 血管に入っていない

大まかにこの3つですね。

1.血管が弱くなってきている

  • 何度も針を同じような部分の血管に刺す
  • 薬剤のせい

このせいで血管は弱ります。

長期入院となるとこの2点は避けられないので、血管が脆く弱くなってしまう理由で一番多いです。

以下のケースでも針交換が必要になります。

  • 点滴アラームの流量異常が頻繁に鳴る
  • しこりができ始めてスムーズに点滴が流れない
  • 生理食塩水を注入してもスムーズに流れない

とにかく、点滴がスムーズに流れないとアラームはうるさいし、腕が腫れる原因にもなるので針交換となります。

アラームがうるさいと、夜に部屋の人に迷惑をかけることにもなります。

体にとって針は異物。だからしこりができる

体にとって針は異物とみなされるので、血管にしこりのようなものもできることがあります。そういった場合、点滴がスムーズに流れないので針交換が必要です。

私が入院していた産院では3日目に針交換が必要で、4日目以降では生理食塩水をチューブからいれて点滴の流れを見て判断していました。

血管が弱くなると元も子もなくなる

2.点滴が漏れている

血管が脆くなったり、針がちゃんと血管に入っていない時に点滴がもれて腫れてきてしまうと針交換をしなければいけません。

点滴が漏れた場合の症状や対策等は、こちらに書いています。

3.点滴が血管に入っていない

  • 看護師の技術的なもの
  • 動いてズレてしまった

こういう場合に血管にうまく点滴がはいっていかず、腫れてしまうことがあります。

針を刺したはいいものの、血管にうまく届いていない場合、刺したときに血液が針の方へきません。(ほとんどの看護師はこの時点でうまく刺さっていないことに気づいて、別箇所へ刺し直します。)

なんとなく刺した時の感触が固い

しこりにささってる?のかはわかりませんが、看護師側で気づくようです。
私の担当看護師は「刺した時の感触が気に入らない」と言っていました。
案の定、点滴が漏れて刺し直し。

腕はよく動く部分

腕はよく動く部位なので少し優しく扱ってあげないと、位置がずれて点滴が漏れやすいです。
長期入院しているなら尚更ですね。

私の場合は腕が引っかかったり、寝返りの時に引っ張ってしまうことが多かったです。動きが大きい人は注意が必要。

注意が必要な行動ベスト3

  1. かきすぎない
  2. 手首付近は特に気をつける
  3. 看護師以外は気をつけろ

腕をかきすぎない

点滴をしていると、病院内の乾燥と薬のせいで皮膚が痒くなることがあります。
もちろん、点滴が刺さっている部分も痒みが出たりしますが、かいてしまうと皮膚が動くのでその分針部分も動きます。

点滴がもたなくなるので、冷やして誤魔化したりしましよう。

手首付近は特に気をつける

点滴チューブが手首付近で固定されている時は、手首を曲げるとチューブを押してしまいがちです。これも回数が重なると点滴がもたなくなってしまうので気をつけましょう。

いくら看護師でも実際に切迫早産で入院したことがないと、こういう些細なところまではなかなかわかりません。

自分で配慮していくか、看護師に言ってあえて針交換してもらうという手もあります。

看護師以外は気をつけろ

看護師は点滴が刺さっている人の扱いもわかっていますし、慣れているので問題ないですが、それ以外の職種の人は慣れていません。

レントゲンを撮りに行った時ですが、点滴が刺さっている部分をガシッと掴まれだ挙句、レントゲン台に押し付けられました。

レントゲン台に体を押し付けるのは分かるのですが、押し付けている部分がちょうど点滴が刺さっているモロ部分なんですよね。

すごく痛かったです。
目から鼻血が出るかと思ったくらい。

針交換したときに、すごく大きなしこりができていました。レントゲンの時にグニグニされたのが原因だと私は思っています。今までで一番大きなしこりだったので。

というわけで、看護師以外は気をつけた方がいいです。

切迫早産の入院で点滴を持たせる方法

  1. できるだけ動かさない
  2. 針交換の間隔をあける
  3. 注射が上手な人にお願いする
  4. 腫れても我慢する

先ほど説明した点滴がもたない原因から考えると上記の3点を気をつけることが大事です。

針が刺さっている近辺(厳密には針ではないけど)はあまり動かさないようにし、シャワーは我慢して針交換の回数を減らすこと。

もしかなうなら、針交換のときは上手な看護師に依頼することがポイントです。

点滴をもたせるためには、最初が肝心

できれば最初から1週間ごとに交換した方がいいです。イヤでも長期入院となると後半の方で、

  • 刺すところがない
  • 点滴が漏れてくる

とはじまるからです。

実体験からいえますが、3日ペースで交換してたら早ければ3週間くらいしたあたりから点滴がもたなくなってきます。

なので、1日でも長く日を持たせて血管が脆くなるスピードを遅くさせましょう。

個人的には最初から1週間で交換していれば、もう少し血管が脆くなるのを遅らせることができたのでは?と思います。

2ヶ月入院したら、ほぼ点滴がもたない

3週間経過したあたりから点滴がもたなくなり、ひどい時は毎日交換していました。しかも、1回では漏れてしまうので再度注射したり。

入院2ヶ月目に突入するころには、刺す場所もないし、せめて1日は持って欲しいねと看護師に言われるほど、針をもたせることが困難でした。

このことから私が言えるのは、最初に飛ばしすぎたなってことです。

看護師から3日ごとに交換と言われていたにしても、ちゃんと調べていればもう少し早い段階で手を打てたのになと残念。

切迫早産は退院の目処が立たないことも多いし、途中で状態が悪くなって長引くこともあります。できれば、最初は針交換の頻度を下げておいた方がいいと思います。

シャワーに1週間入れないのは悲しいですが、

  • 毎朝タオルで体をふく
  • 4日目か5日目以降に髪の毛を洗ってもらえる

ので、なんとかなります。潔癖じゃなければ(笑)

【自己責任】腫れても我慢できるなら、次の日でもok

完全自己責任ですが、腫れたからといってすぐに針交換しなくてもいけるっちゃいけます。
ただし、痛みと腕が腫れることは覚悟した方がいいです。

あと、自己判断でしたことなので痛いからと言って夜中にナースコールして「痛いです」ってのはやめた方がいいですね。であれば、最初から針交換した方がいいです。

看護師のチェックもれを活用しよう

看護師も意外と針部分のチェックを見落とします。
私は3回見落とされて、腕がボッコリ腫れたことがあります。(初めて腫れた時)

自分的に痛みを我慢できるのであれば、あえて何も言わずに見落とされたまま過ごすことも可能です。

私は実際に、針をもたせるためにわざと見落とすように仕向けたこともあります。

あえて、見逃すように仕向ける

  • 自分の影がかかるように腕を見せる
  • 腕をまくらず針部分だけを見せる

このようにすると、腫れた時に生じる腕の赤みも目立たず、看護師によっては針だけチェックして終わることもあります。

針だけチェックして針周辺はチェックしていない看護師も多いです。

生理食塩水を流すのを忘れている看護師もいるので、あえて何も言わないでやり過ごすのも一手です。

生理食塩水の流れる様子で、点滴がちゃんと通っているのか確認しています。

あくまで、1日延長させるくらいに止めましょう。

新たに問題が発生しても嫌ですし、やはり漏れていると腕が痛むので。

腕が痛む場合は冷やすと少し紛れます。

漏れた点滴は体に徐々に吸収されていくので心配いりません。昔は高度な技術がなかったため、皮下によって吸収させていたとか…。結構痛いですね。

腫れている時に鉄剤を注入するとけっこう痛いそうです。鉄剤を注入されている人は、鉄剤が終了してからやりましょう。

点滴が漏れている(腫れている)時に、生理食塩水を入れても少し痛みがでます。

切迫早産で長期入院になった場合、点滴がもたないのは仕方がない

薬剤と血管に注射を刺すという点から、ある程度日数が経過してしまうと点滴がもたないのは仕方ないですね。

最悪、1日3回毎日もありえる

先に話しましたが、

ここもダメ。じゃあ次はここを刺してみよう。あっ!腫れてきたからここもダメ…もう一度刺しますね。

という事態が生じたことが有ります。

私の時は多くて3回連続で刺しました。

別部位の開拓か、投薬になるかも

あまりにも刺す場所がない場合は、全く違う血管を使うか、投薬になることもあるそうです。

ネットの情報ですが、最終的には首に刺した人がいるとかいないとか…。
怖いですね。

まとめ
  • できるだけ動かさない
  • 針交換の間隔をあける
  • 注射が上手な人にお願いする
  • 点滴をもたせるためには、最初が肝心
  • 切迫早産で長期入院になった場合、点滴がもたないのはある程度仕方がない

おわりっ。

\切迫早産の安静がヒマな方に/


無料で読んでみる

記事を書いてる人
me
暇チャットで男性研究がてらに、メッセージ100人越え(自慢ではない)でデータ集め+実験。 たった一人とだけデート→遠距離恋愛3ヶ月を経て2年後に結婚。 心療内科の受付で人間観察。「ひねくれている、斜めに物を見る」と言われるも、それがけっこう当たる。 *院内の仮面被り女の本質見抜いたことあり(院内No.1心理士と私しか見抜けなかった) そんなこんなで、人のウソや本質?を割と見抜きやすいです。 いまでは、発言やメッセージから相手のだいたいの性格がつかめます。
\ Follow me /