生活

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】

欲しくてちゃんと試着して買った服なのに、いざ来てみると首が詰まるっ!

何度直しても数分後には、また服が後ろにズレて首が詰まってしまう…

一体なぜなんだ?

しまいには人からも「なんか首苦しそうだね!」と言われる始末。

こんな方に向けて書きます。

この記事では、

  • 着ると服が後ろにズレてきてしまう理由はなんなのか?
  • 対処法はないのか?
  • 自分が巻肩かどうかの簡易チェック方法
  • 着ると後ろにズレる服の特徴
  • 服が合っていないときの状態

を説明します。

私も小さい頃からよく服が後ろに下がってしまい、首が詰まっていました。

体育のときの自分で用意するTシャツなんかは、ほとんどつまる…。

検索してみても、なかなかめぼしい答えが出てこなかったので記事にしてみました。

この記事に書いてあるものは、あくまで情報収集して得たものです。

私は服飾関係はわからないので、専門的な知識はわかりません。

えりが抜けるとは

服が後ろにずれてきて、首元が苦しくなること。後ろの襟と首の間が空いてしまう。

私は初めてちゃんと意味を知りました。

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】

原因①肩が内側にはいってる〜巻肩

肩を抱く女彼女よりももっと前に出てます。漫画に書かれる不良並み。だから胸部が薄くみえる(笑)

まず肩が内側とは?だと思うので、簡単なチェックです。

普通に立った時に腕の位置は真横ですか?それとも真横より前に出てますか?(腕というよりも、手の位置を見た方がわかりやすいかも)

前に出てたら肩が内側に入ってます。猫背の人のほとんどは肩が内側に入っています。

では、肩が内側に入ってるとなぜ服が後ろにズレていくのかお話しします。

服はマネキン(トルソーというらしい)みたいなのに合わせて作られています。

そのマネキンはだいたい平均の人の肩ぐらいに調整されており、それに合わせて作られた服を肩が内側に入ってる人が着るとズレが生じるからです。

マネキンよりも肩が前に出ているのでズレてしまい、かつ猫背なので首が出てしまうため、服が後ろにズレて前身頃が上がることが起こります。

マネキンに合う服を、猫背が着ても合わないのは当然
二人の女性の写真ざっくりと巻肩と、そうじゃない方とします。
2人の女性を重ねた画像巻肩じゃない人の服が巻肩の人の首に、つっかえてるのがわかりますか?

もう少しわかりやすくしたのが以下です。

2人の女性の画像と、緑の図形この緑を巻肩じゃない人に合わせた服とします。そのまま巻肩の人に着させると…少し窮屈になります。

巻肩の人の首の後ろが、だいぶ余ってしまいました。

超絶簡単に言えば、これと同じことが起きてるようです。

そして、この原因は肩のラインと胸の布にあるようです。

原因②姿勢の問題〜猫背

後ろが空いた服を着てる女姿勢は大切

「肩が内側に入ってる」でも説明しましたが、猫背=肩のラインや位置が前方にずれてしまいます。

この状態で服を着ると、前側の裾は長く後ろ側は短くなります。

そして首がつまり、背中側の布はぐぅと引っ張られるようです

すごく簡単なイメージで言うと、指サックをつけた時を想像してください。

まっすぐつけると普通ですが、指を曲げると曲げた方向の指先は苦しくなりますよね?

これが首元です。

そのまま目線を下にずらすと、指サックの丈は前側が少し長くなってますよね?

そして爪側の方は突っ張って丈が少し短くなるはずです。

なので、猫背は服が後ろにいって前身頃が上がります。

結果、襟が抜けてしまい首元が窮屈になります。

赤い服をきた管理人の画像私の画像で恐縮ですが…

この服は首が詰まる服です。

今回記事を書くきっかけになった服。

原因③服側の問題〜製作者

服を合わせてる人大量生産が主流だからなぁ…。

これは作る側の問題なので、さくっといきます。

①肩ラインの不足を仮縫いで補う問題

後ろ肩線(肩のラインに沿う線?)が足りない場合に、仮縫いで補うことが原因のようです。

仮縫いで不足分を補うと、後ろの衿が抜けてしまうんですって。

②前身頃の問題。

前身頃の胸ぐせが不足していると、前身頃があがって襟が抜ける傾向があるようです。

そこで、仮縫いのときに胸ぐせの不足部分を追加すると、ウエスト部分にずれが生じてしまいます。

座った時に胸はばがダブついてしまうようです。

うん、わかる気がする(笑)

不足部分を仮縫いの時に追加するのがいけないのか、追加してズレた部分もしっかり調整してないからいけないのか…。

そもそも不足させるなよってとこなんでしょうか…。

襟が後ろに抜けてしまう原因がドコにあるかを特定する方法

襟が後ろに抜けてしまう原因はどこか特定する方法

主に、不具合を起こしている箇所は2つだそうです。

  1. 肩ライン
  2. 前側の布の不足

①腕だけを縦にふる

服が後ろにズレてきてしまう場合は、袖の付け方が悪い(おそらく、肩ラインが足りないのではないかと)

②腕をふらずに歩いてみる(もしくは走る)

襟が後ろに抜けていってしまう場合は、後身頃が前の生地を持っていこうとしてる。

もしくは、両方。(おそらく、前身頃が足りていないということ)

対処法:服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる】

対処法:服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる】

①試着は必ずする

スカートを履いて並んでいる人試着並ぶの好きじゃない…。けど、この一手間で変わるんですよねぇ

猫背の自覚があるひとや、服がズレてしまうことで悩んでる方は試着は必ずしましょう。

個人的な意見ですが、服が後ろにズレて下がる人は結構な猫背だと思います。

いまやほとんどの人が猫背だと言われますが、服が後ろにズレてしまうことで悩んでいるのは一部だからです。

試着する時に見るべきポイント

①肩のラインが後ろに行きすぎていないか?

猫背の人の理想は、肩のラインが前側にあることです。

自分の肩にあえばいいです。
猫背なので肩が前に出てるから、その肩にあえばokです。

ただし、自然に服を着た状態で肩のラインをみてください。直して着てしまうと意味がないので。

②着ていて不具合がないかどうか

来ていて後ろが突っ張ったり、前後どちらかの服の長さが違う、ということは無いかみてください。

違う場合は合っていないので、買うのは避けたほうが無難です。

②姿勢を良くする

砂漠でヨガをする女幼稚園の時に側湾症と言われた私には、キツい…

服が後ろにズレてしまうのは、猫背が原因の一つとお話ししました。

肩が前に出ているからと。

なので、まずは自分の中においての根本原因である姿勢を正すことが、いちばんの近道ではあります。

なかなか難しいですが…

③自分でリニューアルする

ハサミ、糸巻き、マスキングテープこういうのが得意な人はいいよなぁ。

自分で服を作るのが好きな人なら、自分で直してしまうのも一手です。

肩のラインを前にずらしたところ、良くなったという話が多いようです。

リンク貼っておくので、参考までにどうぞ。

④仕立て屋に頼む〜その道のプロが一番

服を作っている女不器用なら頼んだ方が絶対いい

自分で直すことはできないけど、「お気に入りだから着たい…」という場合は、その類のプロに任せるのが一番です。

服が後ろにズレて前身頃が上がるのはどんな服?Tシャツだけとは限らない

服が後ろにズレて前身頃が上がるのはどんな服?

肩のラインが後ろに来てる服

ハンガーにかけられた服これは肩のラインが前にあるので、私でも着れそう!この線が後ろにありすぎると、首が苦しくなる…

試着した時に肩のラインが自分の肩よりも後ろに来ている場合は、襟が抜けることが多いかもしれません。

自分にあってない服

3枚の写真こういう合わないではない…けど、一番右のスカートみたいに、後ろが短くなる(前が長い)とか前後で長さが違うのはやめたほうがいい

着ると前側がながかったり、後ろ側が長いなどのちょっとした不具合が生じる場合は避けたほうがいいです。

実はTシャツや上の服に限らず、ズボンやスカートでも同様のことが起きます。

片側に寄ってしまうという場合などが挙げられます。スーツのスカートなんかはより顕著に現れますよね。

そしてスーツのワイシャツも、どんどん盛り上がってきてしまう(笑)

装飾が背中側についてる服

背後に装飾がついてるビミョーに装飾のつく部分が違うけど、こういうことです。

装飾が背中側についてると、やはり背中側が重たくなるので、服が後ろにズレやすくなります。

安すぎる服

30%セール安物買いの銭失い

個人的な経験ですが、○まむら・○U・○ankiなどの激安の服の中には、服が後ろにズレてしまうものが多いように感じます。

Tシャツ、シースルーの素材のものなどは、確率が高い気がします。時にはパーカーも!

大量生産が目的なので、猫背ということは置いておいて、服の作り方に問題があるのかもしれませんね。

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる服を買ってしまった場合】

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる服を買ってしまった場合】

捨てる

やはり来ていてストレスになるのは嫌なので、私の場合は捨てることが多いです。

個人的に首イボの原因にもなり得ると思います。

私は高校生くらいの時から首イボが多かったです。もちろんホルモンの関係もあるとは思います。

(目立たないけどニキビもそれなりにあり、顎ニキビもやっとアラサーになって落ち着いてきた次第です)

しかしホルモンじゃないとすると、日焼けにもシビアだったので、首回りが擦れるとしたら頻繁に首元を戻す動作かなと思いました。

首イボができている場所はちょうど首の両サイド。擦れるところだったからです。

なので、そういう服は捨ててます。

リサイクルに出す

最近は、リサイクルショップに行って買い取ってもらうことも多いです。なんぼもなりませんが

直してもらう

直してもらったものはありませんが、お気に入りの服やどうしても着たい服なら直してもらうのも一つの手段です

違う何かに使う

たとえば寝巻き代わりや、極端だと埃をふくものに変換させたりします。

もちろん使いやすく切って

誰かにあげる

母親と身長が同じくらいなので、あげたりしてます。

私は肩も前に出ており猫背ですが、母親はそうじゃないので首元は全然ズレません。

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】を探すのに、参考にさせていただいたサイト様

服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】を探すのに、参考にさせていただいたサイト様ありがとうございますっ!

オーダースーツのヨシムラ

スーツのことですが、考え方はおそらく同じだと思います。いかり肩となで肩について書かれており、きっと関係あると思います。

自分のスーツというよりも、他の人が来ているスーツを思い浮かべるとイメージしやすいです。

「なぜあの人はあんなにスーツとYシャツがバラバラなのか…?着方がへたくそなのかな?私みたいに。」と思っていたナゾが解けました。

ありがとうございます。

福ナビ。とうきょう福祉ナビ

高齢の方の服のズレについて書かれています。
年齢とともにだんだんと猫背になっていくので、服が合わなくなるそうです。

腰が曲がることも関係あります。

なぜ服が合わなくなるのか?ということをイラスト付きで説明されており、通常の人の肩のラインの服を猫背の人が来てしまうと、服にどのような変化が起きるのか非常にわかりやすかったです。

私の画像だとわかりにくいと思うので、ぜひこちらを見ていただければと思います。

スカートや、ズボンの食い込みについても書かれていて、今まで合わないと思っていたものがなぜ合わないのか納得できました。

香月 グランドクチュールアカデミー

いかなる体型でも洋服の着易さと着難さの原因を平面製図で見抜く事を教え、初めてパタ-ン補正操作によって個人対応パタ-ンの立体化を平面製図特許技術で可能にした日本でただ一人の講師

サイトから引用させていただきました。

超絶ド素人の私でも、すごいお方だということが分かります(笑)。

服を作るにあたっての本質を説いているのではないかと…。服は誰のために、そしてどのようにあるべきなのか?

体にフィットするのが良い服ではない。その人の動作を邪魔しない、その人の体の動きに合うように作るべきだと唱えているのではないかと思います。

着る人のことを考えて指導するよりも、簡単な方法を教える指導者が多いことを嘆いていらっしゃいます。

マネキンの姿勢に合わせた服を作って、それを着た私は不具合を生じている…。まさにこれかなと。

大きなお店ならば仕方ないとして、それを個人のスキルとしてお金を取っているにもかかわらず、着る人の不具合を考えないで服を作っている人へ警鐘を鳴らしているように私は感じます。

本当の服とは?を考えさせられました。

安ければいい…なんて思っていましたが、そうじゃない。服を購入するときの意識が変わりました。

ありがとうございます。

sakusaku sewing ~横浜・磯子の初心者向け洋裁教室 

こちらはアメブロのかたです。肩ラインが首周りの不具合につながるヒントになった記事です。

写真も載っていて、「巻肩の人の肩ラインが、どんだけ前側にないとだめなのか」一目瞭然でした!
まさに論より証拠です。

ありがとうございます。

MAISONDEAS 

後肩線とはなんぞや?など、用語が分からなかったときに参考にさせていただきました。

なかなかないので、助かりました。
ありがとうございます。

ぱたんなーの型紙便り**

こちらのかたは、自分で洋服を手直しされている記事です。

マネキン(トルソー)に服を着せて、肩のラインの位置を可視化されているので、

「え~こんなにも肩のラインて違うんだ~」と、私の中で肩のラインがキーポイントだと確信に変わった記事です。

ありがとうございます。

https://www.paulbond.co.jp/Su-Misura-specialpage-taikeihosei.htm

トップ画面に辿り着けず、サイト名がわかりませんでした(´Д⊂ヽ

体系のクセ(いかり肩やなで肩)によってできる、不具合を記しているものです。

この記事で自分のはどれかな~と探しました。丈の長さも不具合によって生じるモノなんだと発見できた記事です。

ありがとうございます。

まとめ: 服が後ろにズレて前身頃が上がる【襟が後ろに抜けて首が詰まる原因】

猫背気味だと肩と首が前に出てしまうので、肩のラインと前後どちらかの布の長さが足りなくなる。

試しに、服の肩ラインに自分の肩を合わせるとめっちゃ姿勢が良くなった。心なしか首元がずれにくくなったような気がする。

服は肩で着ると言われるのは、あながち間違いではないのかもしれない。

運営者
ウリエル
【人柄】 *回避型の女 *ネット+遠距離恋愛ののち結婚 *インドア *超OB型 【書いてくこと】 *気ままにかく *買った物のレビュー *思考関係 *経験して得た知識 【目標】 *見やすさ重視 *必要な人に必要な分だけの情報を
\ Follow me /