妊娠出産

ウテメリン点滴2A20の強さとは?【6分間隔の張りがおさまる程度】

ウテメリンについて調べているうちに、他の人はどのくらいの量を投与されているのか気になりました。

また、ウテメリン2A20は錠剤だとどのくらいに相当するのか?

そういうことを思ったので、少し調べてみました。

about me
  • 切迫早産で入院中
  • ウテメリン点滴投与
話すこと
  • ウテメリン点滴2A20は錠剤だとどのくらい?
  • 他の人はどんな感じなのか?

を調べてみました。

ほんと、ざっくりです。

ウテメリン点滴の2A20の強さは、4〜6分間隔の張りがおさまるくらい

内服に直すと、どのくらいに値するのかを調べたのですが、どうもイマイチで…

後述はしますが、まずは私の実体験として確かな物をお話ししますね。

ウテメリン2A20からスタート

入院前の状態
  • 1時間に6回以上は張っていた
  • それが張りとは気づかず…
入院後
  • ウテメリン2A20からスタート
  • 張りがない生活を体験
  • 驚きを隠せない
  • 経過診察で1A20か1A15までさがる
  • 張り返しがおこり
    2A20に戻る

こんな感じです。

補足していきますね。

入院前から張ることが多かったため、入院してからの張りのない生活とお腹のラクさに快適感すら覚えました。

経過診察を何度か経て2週間で1A15?(もしくは、1A20)まで下がり、次の診察でよければ投薬治療に移行する予定だったのですが…

診察の前日。

わすれもしない、2020.12月24日の22時頃から急にお腹が張り出してきたのです。

0時になってもおさまらず、眠ることもできないので看護師を呼んでNSTを着用。

わたしもスマホにメモっていましたが、4〜6分間隔で張りが起きています。

2020.12月25日深夜2時頃。

投薬の希望は看護師の

無理だから

に打ち砕かれ、一気に2A20に戻されたのでした。

参考:入院中に嫌だったコト

‎張りの強さも作用的にも個人差がありますが、私的な間隔だと

ウテメリン2A20は4〜6分間隔でくる張りに対応できるくらいの強さだと認識しています。

2A20に戻してからは、お腹がすこぶる快適です。

ウテメリン2A20だと立ち歩いてもお腹の張りは少ない

本日の診察で2A15になりましたが、少し張りやすくなりました。

何よりも点滴を下げると、お腹の子供の動きが活発になることこの上ない。

張っているのか、足が引っかかっているだけなのかわからないほどです。

他の人のウテメリン点滴の強さはどのくらい?

人によって本当に違うみたいです。

2A25?の人もいるし

ネットで集めた情報だと、3Aやそれ以上の人もいます。

病院によって、もしくは母体の健康状態によってアンプル数も変わるのかもしれませんね。

うちの病院では2A20が限界だからと言われました。
私は3Aまでいきました。

のように、病院や人によってかなり異なる情報だなと思うものが多かったです。

ウテメリン点滴2A20は内服だとどのくらいの強さになる?

1A15が内服で1日4回のウテメリンと同量と聞いた

知恵袋より

2Aの15は1Aの30と同量。服薬は1日最大6錠までですが、それは点滴では1A20に相当します。

カラダノート

…と、情報がさまざまです。

計算とブドウ糖の関係もあり、病院によって多少の言い分が違うのかもしれません。

私は数字が弱いので計算ができません。なので、このくらいしか調べられませんでした。

なんとなくですが、1A=ウテメリン4〜6錠とみておけばいいのかなと。

2Aだと倍なのかな?という超単純計算。

かなりざっくりで、すみません。

ウテメリン点滴を薬と比較すると…(追記)

2021/01/06の診察で先生に聞いてみました。

ウテメリン点滴は錠剤に直すとどのくらいの強さなの??
先生
先生
40倍?60倍?の強さだよ〜

↑すみません、数字の記憶力が非常に悪くて、どっちだったか思い出せませんが、このくらい強いとのこと。

先生
先生
その分、副作用も強くなってしまうんだけどね。

今回はここでおわりっ。

記事を書いてる人
me
暇チャットで男性研究がてらに、メッセージ100人越え(自慢ではない)でデータ集め+実験。 たった一人とだけデート→遠距離恋愛3ヶ月を経て2年後に結婚。 心療内科の受付で人間観察。「ひねくれている、斜めに物を見る」と言われるも、それがけっこう当たる。 *院内の仮面被り女の本質見抜いたことあり(院内No.1心理士と私しか見抜けなかった) そんなこんなで、人のウソや本質?を割と見抜きやすいです。 いまでは、発言やメッセージから相手のだいたいの性格がつかめます。
\ Follow me /