授乳後のレイノー現象とは?【原因・対処法・予防法まとめ】

  • URLをコピーしました!

授乳後におきるレイノー現象について私が調べた&経験から解説していきます。

医学的根拠もちょくちょく載せてまいりますので、(でもわかりやすく解説します!)安心してお読みください。

私の個人的な考えと、医学的にハッキリしていることは完全にわけて書きます。

目次

レイノー現象とは?

こんな状態のことです。

虚血状態(一時的に血の巡りがわるくなること)になって、ジンジンとした痛みが襲ってきます。痛みが起こるメカニズムは、末梢血管(細い血管)が正常な状態よりも強く収縮することで痛みを生じます。参考:レイノー症候群 – 06. 心臓と血管の病気 – MSDマニュアル家庭版 (msdmanuals.com)

乳首にも同様のことが起きていると考えられます。
ここからは、私の個人的な解釈です。

乳房に置き換えると、以下です。

赤ちゃんが乳首を吸う→乳首の先端の血管が収縮する→血液の流れが悪くなる

経験からですが、血の巡りが改善するまで痛みは持続します。肩こりが多い人など、肩甲骨周りの血流も悪くなるので、余計改善するまでに時間がかかるでしょう。

レイノー現象の症状

・ヒリヒリ、ジンジンするような痛み
・持続することもある
・乳首の先端あるいは広範囲が白っぽくなる(白斑とは全くちがいます。)
・乳首が冷たい

私の経験から言わせていただくと、痛みは個人差とその時の状況でかわります。シャワーにはいってもよくならず、ジンジンして夜も眠れない。かと思えば、日中多少ジンジンするだけという日もありました。

痛みがつよいときほど、乳首の先端が広範囲に白くなっていました。

レイノー現象の原因

レイノー現象になるには、いくつかの要因があります。しかし、共通しているのは、その要因のせいで血の巡りがわるくなってしまうことです。これは、医学的に証明されています。

血の巡りがわるくなるという点から想像できるのは、筋肉量がすくなかったり、水分不足で血液がドロドロしていることもあげられるのでは?ということです。(個人の考えです)

ここからは、私の経験から授乳後にレイノー現象を引き起こす要因になりうる事項を挙げていきます。

赤ちゃんが強く吸いすぎる

赤ちゃんが直母するときの口の中の状態は、真空状態だといわれています。ということは、とても圧力がかかるということです。

乳首に均等に圧力がかからないとレイノー現象や白斑、乳腺炎になりやすくなります。もちろん、効率よく母乳も飲みにくいです。

このあたりは、母乳がでるメカニズムを調べればわかることなので、根拠元は省略させていただきます。ちょっと理系な育児さんや、助産師HISAKOさんのブログやYouTubeを見ていただければとおもいます。

赤ちゃんが強く吸いすぎる状況としては、以下が考えられます。

  • 乳首が小さい(扁平型)
    →圧力がかかりやすい乳首by助産師
  • 赤ちゃんがまだ下手っぴ
    →トレーニングと声掛け
  • 乳腺炎の一歩手前
    →母乳がでないのでより強く吸おうとする
    →乳腺炎自体がすでに巡りが悪くなっている

私がレイノー現象に悩まされていた時期は、ちょうど上記が重なっていた時期です。授乳初期です。

乳首が硬い

乳首がかたいと伸縮性がなくなります。かたいものを一気に引き延ばそうとすると、変に圧力がかかるのと同じ原理です。

なんらかの形で、乳首の皮が厚くなったのが原因と考えています。
たとえば以下の通りです。

・赤ちゃんの舌が触れている(浅飲み)
・搾乳時に指で触れてしまってる
・旦那のせい(吸わせない、触らせない!)

乳首の皮が必要以上に厚いと白斑(乳口炎)になるおそれがあります。
※白斑(乳口炎)の原因は厚みのある皮膚に負荷がかかるからです。

あわせて読みたい
【完全版】白斑(乳口炎)の原因・予防・対策について この記事では白斑(乳口炎)の原因・予防・対策についてをまとめています。 【授乳期における白斑とは?】 乳首の一部の皮膚だけが厚くなり、母乳の出口をふさいでしま...

乳首の皮膚が一部もしくは全体的に黒ずんできたら、皮膚が刺激をうけて厚くなった目印と考えていいでしょう。

次からは対処法お話しします。

レイノー現象の対処法

・温める
・血液の流れを良くする
・痛み止めをつかう

対処法1.温める

・カイロ(低温ヤケド注意)
・ホットタオル(ジップロックにいれると保温性アップ)
・馬油で血行促進(血行促進力はすごいです*)
・お風呂
・シャワー
・手で温める(応急処置として)

※*…生理の腰痛や肩こりにかなり効きますが、乳首に塗ってもあまり効果を感じられませんでした。もしかしたら、乳房に塗ればよかったのか?と若干後悔です。機会があれば、今度は乳房に塗ってみます。

上記の方法があります。

温めるとよくなると言われています。助産師さんから提案された方法でもあり、一般的なレイノー現象が起きた際の病院の対処法としては、温熱療法といってホットパックで温めるがあげられます。

私の一番ひどいときは、シャワーに入ってもジンジンとした痛みが残って寝れないこともありました。

対処法2.血液の流れを良くする

・運動する
・黒ニンニクをたべる
・馬油を塗る
・水分をしっかりとる

血液の流れを良くする点で、個人的に体に変化を感じたのが上記です。

運動する

いうまでもありませんね。散歩でいいので15分~30分でも歩くと、なかなか体が温まります。筋肉量が低下している方や、うつ傾向の方は体が温まりにくいです。しかし、継続していると温まりやすくなります。

私は一時期、うつ傾向がありました。1時間あるいてやっと温まる感じがしたのですが、いまは15~30分で温まります(春先の状況です)※ここの内容は個人談です。できれば普段から体温をあげやすいように、運動することが望ましいと考えています。

黒ニンニクをたべる

ふつうのニンニクに比べて、以下が違います。

・におわない
・フルーティーで甘い
・血流をよくしてくれる
・栄養価が爆発している
・抗酸化作用(老化防止)

抗酸化作用(老化防止)がかなり強いので、私は美容目的もかねて食べています。一般的に体に変化をおよぼすのが2~3か月といわれていますが、体温上昇(体感)は2日目から感じ始めました。

「黒ニンニクをたべたからレイノー現象がおさまった」とはいえないですが、かなり体温をあげてくれるのでよいのでは?と思います。

実はEDにもいいとのことなので、血流面はかなり得意なんじゃないかと思うのです。男性で血流がわるくなると最初に影響していくるのが性器部分だと言われています。(つまり、立ち上がらない、持続しない)それにアプローチできるのですから、すごいですよね。

ちなみに、暑い日に食べ過ぎると片頭痛がおきたので、頭痛もちは食べ過ぎ注意です。(笑)

馬油を塗る

馬油はかなり血流改善に即効性があるように感じます。

・肩甲骨
・肩
・首まわり

上記に塗り込むといいでしょう。ポイントは、筋肉はつながっているので、凝りやすい部分だけでなくその周辺にも塗ってあげるのがベストということです。

敏感な方なら温かくなるのを感じると思います。私は生理の腰痛と肩こりによく使用していますが、じんわりしていくのと、即効性があるのが癖になりナロンエースをあまり使わなくなりました。

馬油は合う合わないがあるので、その点だけ注意していただければと思います。(吹き出物がでたとか)スキンケアとして取り入れれば毎日のサポートになりますね。私は顔はかゆくなるのでダメですが、体は問題ないので時々つかっています。肩より下の部分にニキビができやすいので、毎日はつかっていません。

対処法3.痛み止めをつかう

あまりに痛い場合は、痛み止めを使うのもありです。今はもうナロンエースを使っていますが、授乳期に医療機関で勧められる痛み止めは、アセトアミノフェンが主成分のものです。

医療機関で出されるものの典型はカロナールですね。市販でもあるので、ぜひ主成分はアセトアミノフェンを選びましょう。

乳腺炎でも余りに痛ければ痛み止めを飲んでと、母乳外来の助産師に勧められました。まぁ、これは私が自力で乳栓をとってしまうので、とれるまでのツナギとして「痛み止めをのんで耐えよ。そして頑張れ」という話しなのですが。

授乳期に起こる痛みに、痛み止めを飲むという発想がなかった私ですが、助産師からGOがでたので痛み止めを飲んで耐えるのは、全然ありですというはなしです。

対処法4.短時間の授乳にする

授乳時間が長すぎると乳首に負担がかかります。レイノー現象も生じやすくなります。(経験から)なので、くわえているだけの飲んでいない授乳は、早めに切り上げたほうがいいです。

対処法5.授乳姿勢の改善

乳首に負担がかかるような授乳だと、レイノー現象が起こりやすいです。なので思い切って授乳姿勢を見直してみるのもありです。ちなみに、レイバック授乳が私の授乳の仕方です。(レイドバック授乳、リクライニング授乳ともいいます)

あわせて読みたい
レイドバック授乳のコツ【快適な母乳育児ライフを満喫しよう】 毎回の授乳姿勢が合わなくて肩や腰がいたい乳腺炎や白斑(入口炎)がおおく赤ちゃんの飲み残しが原因かもと言われた授乳姿勢がイマイチきまらない このような方に、レイドバック授乳(リクライニング授乳))を提案します。 私自身レイドバック授乳方法にしてから、地獄にすら感じた授乳時間が超絶快適になりました。

助産師いわく、効率よく母乳がのめる授乳姿勢だとか。飲みとれないものはない、と言っていた授乳法です。

対処法6.浅飲みの改善

授乳姿勢の見直しが大前提になりますが、ある日突然、浅飲みになることがあります。

娘は2歳6か月のときに突如、浅飲みしだしました。

言葉がつうじるので、「大きなお口でやるんだよ~」と言ってふくませると、大きくアーンしてくれるようになりました。この方法が一番手っ取り早く痛みがなくなりました。実は最近のレイノー現象にはこの方法が一番聞いたのでは?と思っています。

気になる人、いるかな…?(;’∀’)一応、この方法でかなりよくなって改善したので、書いておきますね。

2歳6か月、突然の浅飲みを改善した方法

「大きなお口でやるんだよ~」というと、でっかくお口を開けて見せてくれるので、そのお口のなかに最初は私から乳首をいれてあげました。痛くなかったらすかさず褒めたたえます!

何度かやると言わなくてもできるので、あとはOKです。

時折、また浅飲みになって痛いことがあったので「ちょっと痛いから一旦離せるかい?」といって、はずします。再度「大きなお口でやるんだよ~」というと、本人も一度覚えたことなので、すぐやり直してくれます。

浅飲みしている最中に「大きなお口でだよ~」というと、「あ、やべ。そうだった」と言わんばかりの表情になるので、覚えてはいるようです。

月齢の小さな赤ちゃんでも言い続けているとしっかりと覚える

生後3か月から乳房交換時には「おかわりさ~ん♪」と声掛けしていると、「おかわりさ~ん♪」と言っただけで口を放してくれるようになりました。なので、月齢が小さくても声掛けはいけますよ!

対処法7.つまんで離してみる

かなり応急処置ですが、乳首の根元より上のほうを「つまむ→離して」を繰り返すと、ほんとうに軽い場合はもとに戻ることがありました。豆知識ですが、手をグーパーグーパーすると体の血が巡って血圧がさがる、という情報を何かで読みました。原理はそれと同じです。

以上、7つの対処法でした。次は予防についてです。

レイノー現象を予防するには?

・血流を良くする
・乳首に刺激がないようにする
・深く咥えさせる
・乳首をほぐす
・皮膚を柔らかく保つ
・水分をしっかりとる

血流を良くする点については、対処法でまとめたので省略します。

まず、乳首に不用意に刺激があるとどうなるか?ですが、皮膚が厚くなります。刺激に対応しようと皮膚を厚くさせるのです。そうすると、黒ずんできます。

※この黒ずみは元々の色ではなく、明らかに何かの刺激によってできたものという意味です。私も経験がありますが、まだらに黒ずんだりします。特に自分で乳栓をとっている方は気をつけましょう。皮膚が厚くなると白斑(乳口炎)にもなりやすいです。

そこで、具体的に何が皮膚を厚くさせる要因になりやすいのかを、予防という観点からお話しします。※完全に私の経験上からいえることです。

1.触らない

乳栓をとるときや搾乳するときに、できるだけ乳首には触れないでおきましょう。3日も触れるとすぐに黒ずみます。乳首の根元をつまむのが正しいです。

盲点は夜の運動会です。旦那様に「触れるな、舐めるな」と言っておきましょう。

ごねるようなら「赤ちゃんの舌使いと貴様とでは天と地の差よ」と思い知らせてあげてくだされ。ちなみに、「赤ちゃんの舌使いって?」と、私の旦那のように食ってかかってくるタイプもいると思うので、メカニズムは次を参考にしてください。

2.深く咥えさせる

浅飲みになると舌が乳首にふれてしまい、皮膚が厚くなりやすいです。なので声がけして、深く咥えられるようにしましょう。授乳姿勢の見直しも視野に。

※本来は乳首が舌に触れることはありません。舌で乳首の根元をしごいて母乳を飲むからです。

このとき、乳首は赤ちゃんの上顎の空洞に位置しており、真空状態となっています。上顎の空洞はやがて無くなるので、赤ちゃんにしか成せない技です。

…前の話に戻ると、上記のような理屈で直母できる子と大人の口の中から舌使いまで、全く異なるというのがお分かりいただけると思います。

3.乳首をほぐす

乳首がかたいと圧力がかかりやすくなります。なので、授乳前に乳首をほぐしておくと、授乳する瞬間のギューッと引っ張られるような痛みは軽減できます。痛みを軽減できて、直前の圧力は最小限にとどめれてもやはり一時しのぎにしかなりません。離乳食前の方には気休めにしかならないでしょう。

4.皮膚を柔らかく保つ

皮膚が厚く硬くなっていると伸縮性が悪いので、圧力が一気にかかります。レイノー現象を引き起こしやすいです。なので、保湿して皮膚を柔らかい状態を保つことで、厚くなってしまった皮膚に「そんなに厚くなる必要なしよ」と教えてあげましょう。

「硬くなった皮膚がそう簡単に元に戻るかいな!」と疑問に思うかもしれませんが、白斑(乳口炎)の改善で説明がつきます。

白斑(乳口炎)は皮膚が厚くなってしまい、母乳の出口を塞いでしまっている状態です。なので、できるだけ保湿して柔らかく保ちながら、それ以上刺激を加えて皮膚が厚くならないようにする、というのが最短ルートです。その両方を担うのが新デスパコーワです。なので、新デスパコーワをぬるとかなり早く改善します。

そう考えると、乳首に関してはかなり肌の学習能力が高いと言えると思うのですが、読者さんはどうでしょう?

個人談でしかないのですが、「黒ずんでるから白斑(乳口炎)になりやすいよ!」と助産師に言われて、刺激しないようにしていたら黒ずみが消えたという現象を2度体験しています。(2回目は自分で気づきました)なので、触らなければかなり回復が早いと私は見ています。

保湿におすすめなのは、皮脂と似た構造を持ち、肌軟化作用が高いものです。具体的には以下です。

・馬油
・ホホバオイル
・ラノリン

馬油を1週間塗ったあたりで少し改善みられました。しかし同時に行った浅飲みの注意の方が、当時の私にはドンピシャでした。※浅飲みが原因のケースに限っての話です。

浅飲みを指摘してから2週間ほどで黒ずみは改善してきました。

5.水分をしっかりとる

授乳期のママには、授乳分と生活分でかなり水分が必要です。血液がドロドロになると、循環がわるくなります。なので、水分をとって血液をながれやすくすることで血流がわるくなるの予防できます。

「ご飯中に汁物とは別でコップ1杯の水分を加えることで、水分不足の防止に役立つ」と助産院で教えてもらいました。

直接的な変化は感じられませんでしたが、もともと脱水症状になりやすく水分補給をわすれてしまいがちなので、このアドバイスはかなり助かりました。

レイノー現象は治るの?

授乳期のレイノー現象ではない、もっと大きな枠組みのレイノー現象ですら、原因不明とされています。参考:レイノー症候群 – 06. 心臓と血管の病気 – MSDマニュアル家庭版 (msdmanuals.com)

原因がわからなければ解決方法もわからないので、「治る」とは言い難いです。しかし、「症状がでなくなった」という方は多いと思うのです。わたしもたまになる程度まで回復しました。

※たしか生後6か月頃までは、結構な頻度で悩まされていました。助産院にお世話になっていた時期とレイノー現象に悩まされていた時期が、重なっているような気がします。

体の巡りを整えるミルクスルーブレンドを飲んでから、乳栓がつまるのが激減したこともかんがえると、レイノー現象はやはり血の巡り(体の巡り)と関係あるのでは?と思うのです。

ちなみに、久々にレイノー現象が発症したのですが、そのときの状態は以下でした。

・乳首が黒ずんでおり
・母乳の色は黄色っぽくなり
・出がわるかったです。

乳栓がつまる一歩手前だったのでしょう。出が悪いので浅飲みにもなっていました。

このことからも、私の体験だけでいうと、血の巡りが関係しているのでは?と思います。

個人的な体質について

冷え性、自律神経が乱れがち(自覚のみで診断なし)、気持ちが高ぶると過度に手足が冷えだす(怒り、緊張、お酒)、緊張状態が続くと血圧が低下して気絶しやすい(集合体恐怖症、グルテンによる腹痛、ちょっとした体の痛みの連続)

勝手な推測で上記をあげましたが、これまた勝手な共通点は末端の血管が収縮しやすい要因をつくりやすいという点です。

どれもこれも、末端の血管が収縮してしまうと血の巡りがわるくなってしまいます。結果、冷えたり血圧の低下をまねくのですが、レイノー現象として発症したことはありません。

が、もしかすると上記のような体質だから、レイノー現象が発生しやすい条件が整っているのかもしれない、と思うのです。あくまで、個人的な印象です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次