1歳半!昼寝の後に泣く原因と対処法【結論:二度寝させた方がいい】

  • URLをコピーしました!

1歳半の娘は最近昼寝の後に泣いて起きてくるようになりました。色々あやしてみるものの、効果ない&拒絶されます。

※朝起きたときは全然問題ないです。

しかしある日、母乳をあげて二度寝させたところスッキリ起きてきました。

それはもう元気満タンフル充電マックスです。

ここから導き出した答えを書き記しておきます。

目次

1歳半の昼寝の後に泣く原因

  • まだ眠い
  • 寝ぼけている
  • 眠りが深かった
  • 甘えている

まだ眠い

起きてきて泣いている娘にとりあえず授乳したところ、そのまま二度寝。二度寝から起きると、朝起きた時と同じくらいのご機嫌か娘がいました。

我が家の睡眠スケジュール

6:30
起床
11:00〜14:00
上記の間に昼寝し始める

約1時間のお昼寝

ご機嫌になった当日の睡眠スケジュール

6:30
起床
12:45~13:15
昼寝①
  • 30分
13:30〜14:55
昼寝②
  • 1時間25分
20:25
就寝
  • 19時くらいから眠たがっていた
  • お散歩はなし

夜中に起きると昼寝後と同様に泣く

お昼寝の後に泣くようになった時期とほぼ同じ時期から、夜中にわりと起きることが多くなりました。今まではボヤァ〜と起きていたのに対し、最近は泣いて起きてきます。昼寝の後と同じ様子です。


このことから、お昼寝の後と夜中に起きて泣くようになったのは、単純に眠たかったからでは?という結論に辿り着きました。

寝ぼけている

一時期、ほとんどが夜でしたが寝ぼけて腕を振り回しながら泣いて起きることがありました。

稀にお昼寝の後に起きた時に、寝言をつぶやき、腕はなにかを拒否するように振り回すそぶりでいたこともあります。

眠りが深かった

眠りが深い時に起こされると、たいていの人は機嫌が悪くなります。

娘は機嫌は悪くなりませんでしたが、目を何度かあけていても寝ぼけていることがありました。

甘えている

なんか寝起きがスッキリしない、そんなとき、なんとかしてほしいけど伝える術がなくて、グズったり泣いたりということがありました。

1歳半の昼寝の後に泣くときの対処法

  • 時間が許すなら二度寝へ
  • テレビなどの全く違うもので興味をそらす

時間が許すなら二度寝へ

15時以降の睡眠は夜の就寝にテキメンに影響するので、我が家では15時以降は寝かせません。

しかし、15時前に起きてきて、まだ泣くようであれば寝かせるようにしています。
※15時には起こします。

本人の寝る気次第ですが、やはり眠らせると違います。

まだ授乳している人は授乳でコックリいくかもしれません。

すでに卒乳してしまっている方は、抱っこしてあげて、できるだけ目が覚めるような刺激を遠ざけるようにしてみましょう。たとえば、テレビはすぐに切るなど。

テレビなどの全く違うもので興味をそらす

すでに目がギンギンに覚めてしまって寝かせることが難しい場合は、気持ちの切り替えを促すように試みましょう。

  • たとえば、テレビをつけてしまう
  • 好きな歌や本をだす

などです。

何をしても泣き止まないなら切り替えが遅いタイプとして諦める

どうしても切り替えが遅いタイプはいます。親のどちらかが切り替えが悪かったり、わりと根に持つタイプ(喧嘩した次の日は長引いてしまうなど)だと、子供もそうなりやすいです。※病院で働いていた経験からです。

「いい加減にしなさいよ」でコロッと寝た話

夜間授乳が終わったらすんなり寝てくれるのですが、最近はどうにも昼寝後と同じ現象が起きます。

  • 抱っこ
  • パイ(授乳)

上記の通りで、機嫌が直る気配がありません。

なんとなく「甘え泣き」な感じがしたので、「いい加減にしなさいよ」と諭したところ、泣き止みそのままコテンと寝てしまったのです。

1歳半にもなると、言葉の意味や声色からだんだんとニュアンスがわかってきます。本人にもどうにもならない時、少し喝(気合い)を入れる感じでピシャリとした言葉を伝えるのもありかもしれません。

※怒ったり怒鳴る必要はありません。真剣なトーンで伝えるだけです。実際に、薬を飲むときも何度か機嫌に付き合ってから真剣なトーンで伝えると効果があったことがあります。

とはいえ、こうすれば必ずこうなる!というものはないので、試してみるか〜という感覚でやってみてください。

いつまで続くのか?は個人差が大あり

いつまで泣くのか?と思い、調べてみたところどこかの掲示板では以下のような流れだったという経験談がありました。

  • 2歳→泣く
  • 3歳→泣かなくなった?
  • 4.5歳→「おはよう」と言って起きてくる

長くても3歳くらいまでと思いましょう。

いやでも泣いて起きることなんてなくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次