MENU
カテゴリ

アンパンマン電子ドラムの外部入力とは?【スマホで音楽流す方法】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

アンパンマン電子ドラムには端子接続(変換部品)を使って、スマホやウォークマン音をアンパンマン電子ドラムから流せる機能があります(外部入力)。

簡単に言うと、YouTubeの音源をアンパンマン電子ドラムから流して、子供をノリノリにさせながらドラムも叩くことができる、という代物です。もちろん、YouTube以外にもできます。

しかし具体的な使用方法は説明書には記載されていません。

この記事では、アンパンマン電子ドラムの外部入力でiPhoneの音楽を流す方法を解説します。

大好きな曲で親子で盛り上がっていきましょー‼

※他にもウォークマンなどでも応用できます。

目次

アンパンマン電子ドラムは外部入力でiPhoneから音が流せる

アンパンマン電子ドラムは外部入力(端子接続)で音が流せます。
以下ざっくりの流れです。

端子をさす→音楽を流す

端子というのは、以下のようなものをいいます。

スマホの充電口の形状によって、選ぶ端子の形も変わってきます。端子については、後半で説明しています。

さすがに100均では見たことありませんが、ヤマダ電機あたりなら必ず売っていますよ~!私も買ったのですが、ネットのほうが安くてガッカリしました…

-A.syura-

端子を用意する前に、完成図からみていきましょう

アンパンマン電子ドラムで外部入力した完成図

こんな感じです。

画像はウォークマンをつなげています。この記事ではiPhoneでのやり方をメインに解説します。

次では具体的な接続方法や必要なものの解説をします。

アンパンマン電子ドラムの外部入力でスマホの音を流す方法

準備するものは変換端子です。以下の画像のようなものを購入しましょう。ヤマダ電機にありますが、ネットのほうが安かった( ;∀;)ヤマダ電機で買っちゃったよぉ。

注意すべきは、自分の携帯の充電器に対応しているかどうかです。しっかりと対応機種、充電器のタイプ(Cタイプ)などをチェックしてからそろえましょう。

あとは差して音楽を流せば完了です。

※接続端子はアップル認証、もしくはMFi認証という表記がついているものが安心ですよ。「アップルが認めています」という証らしい。

しかし、長さが足りない問題が出ることが予想されます。

オーディオケーブルの併用も

  • 長さが足りない
  • コンポの曲を流したい

など、上記のようなことにも備えて、オーディオケーブルを一緒に購入することをおすすめします。延長コード代わりに使用できるのです。

変換端子のみだと絶対に長さが足りないです。子供がアンパンマン電子ドラムに夢中な間に家事をすませたい…と考えているのであれば、絶対にオーディオケーブルも購入したほうがいいです。ずっと持っていないといけません。

以下のように、端子先に種類があるので、先述した接続端子の先端のことも踏まえて、必要なものをそろえればOKです。

ちなみに、我が家で使用しているものは以下のタイプです。

もともと家にオーディオケーブル(延長ケーブル)だけあったので、接続端子(充電器)のほうをオーディオケーブル(延長ケーブル)にあわせた感じです。

上記の組み合わせだと、スマホ、コンポにも接続できます。スマホオンリーなかたで、短くてもいいわ!というなら、以下のみを。

すでに上記はあって、長さが足りない!というだけなら、以下を加えればいいです・

組み合わせまとめ

ごちゃごちゃ組み合わせを述べてきましたが、最終的に以下の組み合わせで購入すれば、アンパンマン電子ドラムで音楽を流すことができます。

繰り返しですが、対応機種は絶対に確認しましょう。

1つめ

2つめ

※名称で検索したい方は、「(iPhone)音楽 接続端子」「(iPhone)変換端子」「オーディオケーブル」などと検索すれば、でてきます。好みのものを見つけたい方は参考にしてください。

アンパンマン電子ドラムの外部入力でiPhoneから好みの曲を流してテンションあげあげ!

YouTubeや音楽再生アプリなどの音楽をそのまま流せば、いけます。

他に流せるもの
  • ウォークマン
  • コンポ
  • iPhone内の子供の動画など

とにかく、音が流れて端子が合えばなんでもいけます。

※アンパンマン電子ドラムから音を流すと音質がややおちます。

犬の鳴き声なども大音量で流せます。使いかたによっては、かなりの知育になるかも?( ´∀` )

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

アーカイブ

カテゴリー

目次