好きだけどイライラするのは当然?【許容できないなら別れも視野に】

  • URLをコピーしました!

好きだけどイライラする。でも相手は善意でやってることが多い。イライラしてしまう自分が心が狭くて自己嫌悪します。

わたしも前にお付き合いしていた人がそうでした。好きだけどイライラするのです。

本記事では以下のことを説明していきます。

この記事のながれ
  • 好きだけどイライラするのは当たり前な理由
  • 好きだけどイライラが続くなら別れたほうがいい理由

好きだけどイライラしていると、自己嫌悪したり本当は合わないのでは?という心配もできてきますよね。本記事では私自身の体験も交えて、どのように向き合ったらいいのかを説明していきます。

結論ですが、好きだけどイライラするのは当たり前ですが、許容できないのであれば別れたほうがいいです。

目次

好きだけどイライラするのは当たり前?

言ってしまえば、かなり当たり前のことです。そこまで思い悩む必要もありませんよっ。

好き同士でもイライラすることはある

我が家の例です。

ケース1

一緒に見ていたテレビがあるとします。そこで私がトイレに立った時でも、一時停止しないのです。最初はイライラしました。

私の育った家庭では一緒に見ているのだから、席を立ったりしたら当然の如く一時停止します。そして立った側も急いでトイレを済ましたり、時間がかかりそうなら「先にみてていいよ〜」の一言があります。

このような家庭で育ったせいか、テレビを一時停止しない旦那にイライラしたことがあります。

ケース2

買い物に行った時に買い物カゴを持ってくれるのですが、買い物カゴと一緒にそのままどこかに消えます。

たいてい肉売り場にはいるのですが、見つからない時はイライラします。

※外に出ると頭痛が起きやすかったりするので、そういうせいもあってイライラしやすかったりします。

でも許容できるから一緒にいる

ケース1

一緒に見ていたテレビがあるとします。そこで私がトイレに立った時でも、一時停止しないのです。最初はイライラしました。

ケース2

買い物に行った時に買い物カゴを持ってくれるのですが、買い物カゴと一緒にそのままどこかに消えます。

ケース①では「また巻き戻せばいいや~」で済むようになりました。ケース②では「また消えたけど探そ」という感じで許容できています。。

お互い様の精神

私もイライラすることがたくさんありますが、旦那もイライラするところあると思います。

以下、実際に旦那から聞き出したことです。

私に対する不満

  • 米とぎしないで炊飯する
  • トイレットペーパーの紙の量が多い(一度に使う量)
  • シャワーの水をとめない
  • コップを次から次へとだす

まだまだ他にもたくさんあったのですが、このくらいにしておきます💦

このように、私がイライラするだけではなく、旦那もイライラしているけど許容してくれている点があるということですね。

やはり、お互い様です。

もちろん、喧嘩します

お互いに許容しあっているとはいえ、お互いの感情がぶつかって喧嘩になることもあります。

しかし、喧嘩した後に解決策が出るものもあれば、でないものもあります。

今は「あなたと話したい」という気持ちが強い

昔は自分の怒りに任せてが強かったですが、いまは「あなたと話したい」という気持ちが強いので、喧嘩しても「まーいっか」ってなります。許容したい気持ちが勝ります。

関連:【成功】夫婦喧嘩後に普通に接する方法【自分で機嫌を取るしかない】

好きだけどイライラする…許容できないなら別れるべき

許容できない=ムリってことだと思います。

例えば以下は、部屋の散らかりに対する旦那の許容範囲についてです。

  1. 多少散らかった部屋
    →問題ない
  2. 食べ物の袋などのゴミが散らかった部屋
    →ムリ(ザ・ノンフィクションに出てくるような汚部屋)

旦那は②のお部屋を許容できないということですね。許容できないということは、一緒に生きていくことができません。

もう一つ、例を出します。

家が廃墟並みに汚い彼氏を持った友人について

  • 友人は家に上がることも、体を重ねることも平気
  • 私は、どちらもムリ。

上記からもわかるとおり、友人は彼と生活できると思います。(同棲する前に別れてしまいました)

私は、この彼と付き合うことになっても彼の自宅の状況を知ったら別れると思います。改善しなければ。

つまり、許容できないので関係の継続もムリだということになります。

ガマンしていると自己嫌悪しがちになる

好きだけどイライラする…この状態の場合に多いのは、自分を責めてしまうケースです。

イライラするということは、イライラさせる何かがあると言うことです。

でも、彼に悪意がない場合、自分の器の小ささだ…という結論になりがちです。

悪意があるかどうかではなく、あなたの神経を逆撫でするなにかが彼にあるということです。

善意は害にもなる

以下は実際の私の体験です。

会社のグチを彼に言ったときのことです。

彼からの返答は以下です。

彼からの返答

  • 弁護士に言えば?
  • こう上司に言えば?(たてつくような発言)

彼は善意からこういうことを言ったと思うのですが、私はやはりイライラしました。

もっとわかりやすく考えると以下です。

家に大量のトマトがあって断っているのに、友人から強引に「これあげる!」とトマトを押しつけられてしまった

食べきれない量をもらっても、腐らせてしまいその処理にも追われてしまうので、いいことではありませんよね。

その人にとって必要でなければ、善意もただの押し付けにしかなりません。

なので、彼が善意からやっていることがわかったとしても、それがあなたにとってイライラするものであるなら、善意という名の嫌がらせに近いです。※嫌がらせは言い過ぎですが

話し合いで解決できることは少ない

解決というのは、新しい習慣にも等しいです。

新しい習慣を身につけるのはなかなか大変ですよね。

たとえば、感情的にならないようにしましょう。といっても、難しいですよね。

話し合いによって出た解決とは、上記のようなもんです。

解決ではなくは妥協点を探るがホントのトコロ

Aさん

感情的にならないで!

Bさん

感情的になってしまうんだからどうしようもない!

これを解決することはたぶんできません。仮にするとしたら、アンガーマネジメントとかしないと厳しいです。

でも、妥協点は探すことができます。
たとえば、簡単に考えてみました。

Aさん

イライラする直前のサインを見逃さないようにするよ

Bさん

イライラしそうになったら、そうなる前に頑張って言うようにするよ

話し合いができる相手かどうか?はかなり重要

話し合いができない人の特徴
  • 「うん」で片付ける
  • 変に頑固
  • プライドが高い
  • 妥協できない
  • 話が通じない

上記のような特徴を備えていると、話し合いが難しいです。

私の旦那は話がつうじない時があります。なので、未解決迷宮入りで(妥協点がないまま)終わることもあります。

未解決迷宮入りの状態も含めて妥協できるのか?話し合いできなくても受容できるのか?です。

もし、受容できないのであれば別れた方がいいかもしれません。

私は前の彼氏のことが受容できなかったので別れました。

好きだけどイライラするのは当たり前。でも毎回ではない

毎回会うたびなど、頻度が高いのはそもそも合わないかもしれません。

好きだけど果物を食べると痒みがでます。アレルギーというものです。

これも、体質にあわない、ということです。

毎回だとストレスが溜まる

合わないのかな…でも好きだし…のジレンマで、だんだん会うのが辛くなり始めます。好きじゃないことに気づくのが怖いという気持ちです。

「でも」の後に結論がくる

晴れだ。でも雨が降っている

上記は、結論「雨が降っている」です。

これと同じように、「彼のことは好き。でもイライラする」「彼のことは好き。でも合わないのかもしれない…」と考え出したならイエローサインです。

関連:好きだけど違和感を感じる理由【なんか違うなら別れたほうがいい】

イライラする理由

特徴を挙げていきます。
※明らかなものは除外しています

無自覚にイライラさせやすい特徴
  • 善意でやってるけど求めているものではない
  • 少しニブイ
  • のんびりやなところがある
  • 実は頑固
  • 世間的にちょっとズレているところがある

上記です。簡単に、どんなかんじか説明していきます。
※実体験を例として挙げています。

善意でやってるけど求めているものではない

以下は、私の実体験です。

相談したことに対して、すぐに「弁護士に相談すれば?」や「〇〇してみればいいでしょ」などと、逆の立場だったら実際にやるのかな?と疑問に思うアドバイスばかりでてくる

※ちなみに、逆の時に言ってみましたが弁護士に相談はしなかったです笑

善意なのでしょうけど、これは求めていませんでした。

少しニブイ

頭が痛い時に頭突きされたことにたいして、物申したときのことです。

「どうしてそんなことをしたの?」と聞いても、自分がおかしなことをしているってわかっていないのです。なんというか、かなりニブイというか、ピンときていない感がいなめませんでした。

のんびり屋なところがある

大事な話をしている最中でも、自分のルーティンは乱さない。

別れに発展する話までしているのに、寝る時間を優先してしまうことが多々ありました。個人的にはちょっと理解できない行動でしたね。

実は頑固でプライドが高い

相手が不快な思いをしたならまず謝るべきなのに、謝らない。

謝ったとしても、妙に軽かったり冗談風に言ったりして、真剣に謝っている感じがしないことが多かったです。

世間的にちょっとズレているところがある

えっ、フツーはしないよね…?的なことをやったりする。

彼女の誕生日よりも、職場の同僚女の誕生日を手厚くしてしまう(笑)ニブイので説明しても、ポカンでした。

ほかにも、会話がオウム返しで成立しなかったり、先述した頭が痛いのに頭突きするなども該当します。

関連:会話がおうむ返しの彼と話し合いで解決しない理由【割り切りが大切】

まとめ

  • 好きなのにイライラすることはみんなある
  • けど、毎回ではない
  • 許容できないなら別れるしかない
  • イライラさせる要素があるのかもしれない

まずは彼のイライラする部分を思いつく限り洗い出して、許容できるか自問自答してみましょう。

好きだけど…のあとにくるものが本音ですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次