MENU
カテゴリ

KindleUnlimitedおすすめな人は?【元を取る方法解説】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
今日の悩み

Kindle Unlimitedおすすめな人をしりたいヒト
本が好きなのでKindle Unlimitedに加入しようかと悩んでいます。どんな人におすすめなのか?元を取るにはどうしたら良いのか教えて欲しいです。

Kindle Unlimitedがおすすめな人は、漫画以外のジャンルをメインに読む人です。そして、よほどのことがないは限り元が取れます。

この記事を書いている私は、Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンを利用しています。その点から、以下の悩みにむけて情報発信していきます。

  • Kindle Unlimitedがおすすめな人
  • Kindle Unlimitedで必ず元が取れる理由
  • Kindle Unlimitedで元を取る読み方
  • Kindle Unlimitedをお勧めしない人

Kindle Unlimitedを上手に使うと、日々の書籍代を節約することができます。さらに、効率よく読書ができ、その分知識も積みあがっていきます。
1か月経過した今では、知識を吸収する楽しさに芽生えました。ほんと、貴族の娯楽だよ、まさしく。

私自身もKindle Unlimitedを継続したくてウズウズしているほどです。
※私がKindle Unlimitedを継続していない理由も含めてお話していきますね。

Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンはこちらかチェックできます。

目次

Kindle Unlimitedがおすすめな人【相性がいいの人の特徴6つ!】

  • 漫画以外を読みたい人
  • 知識を吸収したい
  • 自分に合う本を効率よく探したい
  • 時間がない人
  • 月に使用できるギガ数が少ない人
  • 部屋をキレイに保ちたい人

私がKindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンを利用して感じたのは上記です。

1.漫画以外を読みたい人

とにかくたくさん本を読みたい人におすすめです。

特に漫画以外が強いです。漫画になるとほかの電子書籍サービスのほうが取り扱いがおおいです。

比較はKindle Unlimitedの特徴や評判は?他と比較したメリットデメリット (hikaku.com)を参考にしてみてください。内容も漫画ならほかのサービスを、という内容です。

漫画以外となると、逆に幅広いですよね。Kindle Unlimitedだけで他分野の知識がカバーできるって考えになるけど…ワクワクがとまりませんね!

2.知識を吸収したい

単純に読める本の数が多ければ多いほど、多くの知識に巡り合える可能性が高いです。

  • 漠然と何かを学びたいけど…という人
  • とりあえず、資産運用の仕方を学びたいけどたくさん本があって選べない…という人

特に上記のような人にうってつけです。

とりあえず読んでみるができる贅沢さ

将来のためにも漠然と何かを学びたい!というような人こそ、「とりあえず、本を読んでみる!」という行動を起こすことで、行動しながら学びたいことを見つけることができます。

絶妙な冊数

資産運用の仕方を学びたいけど、たくさん本があって選べない…という人には、Kindle Unlimitedをぜひ使っていただきたいですね!

Kindle Unlimitedは12万冊という大量の本を読めることがウリですが、意外と対象の本がなかったり…ということもあります。

上記はデメリットとして挙げられることが多いのですが、むしろたくさんあると選べないというジレンマが人間心理的に起こるのです。
なので、ある程度量が絞られていた方が選びやすくなります。

また、絞られた中でも〝資産運用〟というジャンルの中では、本は多い方だと思います。そういう場合、とにかくいろいろ手出ししてみるべきなのです。

読みやすい、読みにくいは違う

人によって、読みやすい本/読みにくい本があります。
なので、たくさんあるからといっても、ちゃんと自分で内容を読み込めるかどうか、自分のレベルに合っているのかどうかはまた別のため、そういう意味では、冊数がたくさんあることはメリットでもあります。

3.自分に合う本を効率よく探したい

自分に合う本を探すにはどうしたらいいと思いますか?

私は、内容を読んで確かめるしかないと思っています。そして、本の内容を知るためには、以下が重要だと考えています。

  • 目次の把握
  • 目次からすんなり内容に飛べること

上記は電子書籍ならではだと思います。

目次をタップするだけでその内容に飛べるのが、個人的にはクセになりました。実物の本をめくる時の「目次→ページ→目次」の動作が、億劫に感じるためです。

目次で求めているものがあるかどうかを把握、なければ次の本を探す。求めているものがあれば、該当目次をタップして内容を読み込む。

上記が、一番自分に合う本を効率よく探す方法だと思っています。

「読まない」を選択できる

980円読み放題なため、「読まない」を選択することにためらいがなくなります。

本当に読みたい本を読むための時間を無くす要因の一つに、「せっかく買ったんだから最後まで読まなきゃ…」があります。

皆さん、こんな経験がしたことありませんか?
「途中まで読んだけど、思っていたのとなんか違うな…」という状態。

そのまま読み続ける無意味さは、明白。
しかし、私も含めなかなか買ってすぐの本を「読まない」という選択をできる人は少ないかと思います。

Kindle Unlimitedに限る話ではありませんが、おかげで私は「読まない」を選択することができ、本当に欲しい情報を手に入れることができるようになりました。

4.時間がない人

図書館や本屋に行く、ということをしなくて済みます。

-A.syura-

Kindle Unlimitedは、24時間いつでも親指でアクセスできる図書館を持ち歩いているようなものです。

本を読む時間はあるけど、「本を読む時間」と「本が手元にあるタイミングが合わない」という人におすすめです。
つまり、以下ですね。

本を読める時間(スキマ時間)✖️本が手元にあるタイミング

上記の「本が手元にあるタイミング」というのは、究極を言えば「本を探す」も含まれます。

「探す→本を買う→本を持参する」もしくは、「図書館にいく→本をさがす→本を読む」というタイミングと、実際に本を読める時間(スキマ時間)がうまく合わないと、私たちの住む3次元では、本を読むことができませんでしたよね。

ですが、Kindle Unlimitedにしてから、圧倒的に本を読む機会が増えました。(あまり圧倒的、とかいう言葉使いたくないのですが)

  • 娘が寝た(スキマ時間)✖️Kindle Unlimitedで本を読もう
  • 急遽旦那の休みで車で外出(スキマ時間)✖️Kindle Unlimitedで本探しちゃお。ついでに読めちゃった!

特に育児をしていると思うのですが、突然舞い降りるスキマ時間があるのです。なんとも幸運なのですが、突発的なためコチラも用意(本が手元にあるタイミング)がないのですよね、、、

そういう時、とりあえず読書ができたら?

積ん読ではなく、知識を蓄積するという意味での「積み読(もしくは蓄読)」ができますね。知識は裏切りませんからね、この習慣だいじです。

というわけで、Kindle Unlimited激押しします。

5.月に使用できるギガ数が少ない人

本をダウンロードしておくとオフラインで使用できるので、外出先でもギガ数を気にせず本を読めるのです。
※本のダウンロードは、読むために必要なことです。皆んなやります。

私は貯金のために、SoftBank→ワイモバイルに変更しました。この変更により、月に使用できるギガ数は3GBまでです。
Kindle Unlimitedはダウンロードすれば、オフラインで本を読めるので、私にはこれ以上のない暇つぶし&有意義な時間の使い方です。

コスパのいい時間の使い方ができる

スマホでゲームなどの受動的な娯楽ばかりだと、前頭葉の機能が低下するそうです。

つまり、バカになってしまうということですね(´;Д;`)旦那がかなり怪しい状態になってきました。暇さえあれば、スマホゲームばかりなためです。

上記の意味でも、メリットは絶大かと思うのです。

  • ギガ数を消費しない
  • 読書により頭はよくなる
  • むしろ読書する環境が半強制的に整う
  • したがって、ギガ数を消費しないという無敵のスパイラル

自分で読書できない、という人も通勤中はKindle Unlimitedで読書(オフラインで)という環境にすれば、将来は少し違う景色が見えると思うのですが、いかがでしょうか?

6.部屋をキレイに保ちたい人

本、というものを抱えなくてよくなるので以下のメリットがうまれます。

  • スペースができる
  • 部屋がスッキリする
  • 固定費も削減できる
  • 捨てる手間も省ける

今の時代、いくら固定費を削減できるか?が貯金を増やすメイン手段の一つです。給与を増やすよりも固定費を削減する方がすこぶる早いからですね。

私が知っている中では、こちらの方が実現されています。https://www.instagram.com/p/C7vbGY_vKau/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==(インスタです)

私自身も、引っ越しを機に手放しました。引っ越し自体は1LDK→2LDK(家賃はダウン!)で、スペース関係ありませんが、手放したことでより一層お部屋が広くなるのを実感しました。

また買えばいい、という発想

本って、あるだけでもなんかいいんですよねぇ。でも、いまはその余裕がないので、本は後から必要なら買えばいいや、という考えです。

ひろゆきさんの発言にもあり

ひろゆきさんの動画でも、以下のような発言があり、参考になりました。

  • 貧乏ほどものが多い
  • スペースにお金を払っていることがもったいない
  • 金持ちほど「必要になったらまた買えばいい」という考え

本当の貧乏人が必要のたびに本を書い直していたら本末転倒になっちゃいますが、言わんときていることはわからなくないですよね。

Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンはこちらでチェックできます。

Kindle Unlimitedで必ず元が取れる理由

新書2冊も読めばそれだけでほぼ元がとれます。
※KKindle Unlimitedの30日間無料キャンペーン(継続は1か月980円)

  • 新書:1,290円
  • 中古:280円✖️5冊
  • Kindle Unlimited:980円で読み放題

上記の通りで、中古品と比較したとしても元が取れます。

そんなに読めるか心配…という方もいると思いますが、980円で読み放題だからこその効率のいい読み方があります。(キャンペーン利用すれば実質0円)

次では、私が実際にしている元が確実に取れる以上の読み方をご紹介します。
※なんてことはない、方法ですよ(笑)

Kindle Unlimitedで確実に元が取れる読み方

「目次を見る→必要箇所だけ読んだら次への本へ行く」を繰り返します。

上記の方法で、簡単に3冊以上読めます。
期待していた方、申し訳ないです(;^_^A

ですが、上記の読み方は皆さん知っていても、なかなか実行できないことが多くありませんか?
私は頭でわかっていても、「もったいない」が先行して、なんとか8割でも読もうとしてしまいますね…。

本には当たり外れがある

本のアタリハズレは読まないと判断ができません。

  • 市販:立ち読みが必要
  • ネット通販:実物が見れない

上記の両方のデメリットを解消するのがKindle Unlimitedです。

立ち読みする必要もなく、中身が読めないわけでもない。
たとえ評価すらついていない本でも「とりあえずよむ→ここだけ読む」ができるのです。

※案外、評価がついていない本ほど、初心者目線でピンポイントに解決策を提示していたりしますね。

全部読む必要はない

特に何かの分野で知識を蓄えていくと、ピンポイントで欲しい情報が出てきます。

上記の時に、ぜひ必要部分をだけを読んでみてほしいです。
効率よく読めるし、確実に元が取れます。

こんな経験、たぶんあるはずです。

  • Aの本:夜泣きのときは、ミルク、おむつのチェックをしよう
  • Bの本:夜泣きのときは、ミルク、おむつのチェックをしよう
  • Cの本:夜泣きのときは、ミルク、おむつのチェック、コリックを疑ってみよう

上記のようにほとんどの本の内容が似通っているけど、一部だけ新しい情報が載っている。
とある本のたった1ページがヒントになりそう!というとき、つまみ喰いのように読むことができます。

上記の例でいくと、Cの〝コリック〟という項目のみ読んでみようとなります。

このようにして読むと、どんどんつまみ食いして読めるので、必要な情報を早く手に入れることができるのです。

つまり、1冊では得られない知識を得ることができる=何冊もの本を980円で読み漁ることができるということになります、、(Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーン中はタダで)

また、以下のメリットも同時に発生します。

  • 本を多数読むことで、早く知識を蓄えれる
  • 本を多数読むことで、課題点も見えてくる

個人的に、Kindle Unlimitedの価値だなって思う部分ナンバーワンですね。本の量がそもそも多くないと成立できないので。

と、ここまで、Kindle Unlimitedをおすすめする内容しか書いていないので、逆におすすめしない人はどんなの人なのかを次で挙げてみました。

全員におすすめしたいくらいですが、強いて言えば…という人を挙げてみたのでチェックしてみてください。

のチェックはこちらからできます。

Kindle Unlimitedをおすすめしない・やめた方が人

  • マーカーや付箋をつけたい人
  • 最新の漫画を読みたい人
  • 電子書籍ですら読む時間がない人
  • 自分の好きなジャンルがわかっていない人
  • どんなものを読むか?より、元が取れたかを気にする人

上記ですね。

「Kindle Unlimitedをおすすめしない」というよりも、お金を払って電子書籍を読むスタイルが合わない人、という感じになります。

マーカーや付箋(ブックマーク)をつけたい人

Kindle Unlimitedでもこの機能はありますが、個人的に見返しにくいです。
特にマーカー機能は見にくい。アンダーライン部分を抜粋してくれますが、前後がわからないと内容がよくわかりません。

とはいえ、クリックすると該当箇所に飛ぶことができるので、それで事足りる人は問題なしです。

私はマーカーは引きはしますが、見返して使用することは少なかったです。(アウトプットのためにね)

最新の漫画を読みたい人

漫画は読むつもりがなかったので、他のところから情報を得ました。

ズバリ、漫画に関して言えば、最新の漫画の取り揃えはイマイチだそうです。

しかし、書籍のトータル数で言えばKindle Unlimitedの右に出るものは今のところいません。
ジャンルもあることから、一つにおさまらなくても楽しめます。

漫画楽しいんですけど、為になる漫画は少女漫画では限りなく少ないですよね…。漫画でわかりやすく学ぶスタイルだと、一石二鳥ですね!

電子書籍ですら読む時間がない人

物理的な問題になりますが、電子書籍を読む時間すらない人は、無料キャンペーンを利用しても時間確保ができないので、あまりKindle unlimitedのよさを感じ取ることはできないでしょう。

たとえば、何かの〝合間〟がある人は読めます。

しかし、私のように何かの合間にやることがある人は、Kindle Unlimitedを読むための合間がつぶれるので、実質Kindle Unlimitedを読む合間すらないことになります。

  • 育児の合間がある人:育児の合間にKindle unlimitedを読める
  • 育児の合間にブログ書いている人:Kindle Unlimitedを読むための合間がないので、読むのが難しい

なんとか、頑張って読みましたが、どちらかがおろそかになりがちでした。それでも1時間や30分だけでも積み上げれるので、いい財産になったと言えますね。

有益だと思えた本と、その著者を発掘することができたので、追うことができますし♪

Kindle Unlimitedの読み放題に含まれていなかった同じ著者の別の本を、わざわざ購入してしまったほどです(笑)あらら~ですよね(笑)

自分の好きなジャンルがわかっていない人

Kindle Unlimitedって図書館と違って、なんとなく本が目に入って「気になるから取ってみる」というのとは、少し違いますよね。
どちらかというと、「こんなのが読みたい」というざっくりした希望があって、それを「探しに行く」という方がKindle Unlimitedには合っている感じがします。

  • 図書館:読みたいものを見つける(どれにしようかな、これにしよう!)
  • Kindle Unlimited:読みたいものを探せる(これ読みたいな、探そう)

もちろん、漠然とめぐることもできますが、図書館のように一覧で見るにもスペースが限られているので、あまり適さないように感じます。

むしろ「このジャンルから、探す!」という人が、ジャンル検索➡絞って行く…という使い方の方が使いやすい気がしますね。

どんなものを読むか?より、元が取れたかを気にする人

私も少しありましたが、「今日は読んでいないから…」と少し焦っちゃう人ですね。

上記の私のような考えが圧迫すると、本当の意味で知識を蓄えるのは難しくなる気がします。

だって、興味関心がスパークして感動したときに知識として一番身に付きやすいのに、元がとれたかどうかを気にしている時点で本に集中できていないですよね(;^_^A

本末転倒になっているぞー!と、一瞬でも本に集中しなかった自分にぶっかけてやりたいですね。

と、ここまで私の感想をメインに以下をしてきました。

  • Kindle Unlimitedがおすすめな人/そうではない人
  • Kindle Unlimitedで元が取れるのかどうか
  • Kindle Unlimitedで元を取るための読書方法(←大袈裟)

では、どうでしょう?

自分でジャッジできそうですかね!?と、言われてもスパッと判断できる人もなかなかいないと思います。(私の話長すぎ問題も大いにあるか)

そんな時のための、お試し利用があります!なんと、初回の方は無料でね( ̄▽ ̄)(何度も記事中で言っているから、お分かりだと思いますが)

Kindle Unlimitedは30日間無料で本を読める

私も恐る恐る使いましたが、完全に0円でした。

ほんとに読み放題で、使い方もこの期間のうちにマスターしてしまったので、本契約しても全く問題ないですね。

ただし、注意点が2つあります。
そんな怖いものではありませんので、大丈夫ですよ。

1.自動更新を解除しないと勝手に更新される
2.無料期間の終わりを知らせるものがない➡️ある瞬間に終わってた(笑)※調べ方があるようです!

上記の通りです。

まぁ、この情報だけではとても判断できない…と思うかもしれませんが、百聞は一見にしかずです。
Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンを利用して、自分に合うのかどうかを判断するのはどうでしょうか?

Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンがいつまでやるのかは、私にも見当がつきません。
とりあえず私から言えるのは「使わないでキャンペーン終了…というほど、勿体無いものはない」です。

私ももう少し検討してから…と思って大事に取っておいたキャンペーンが、突然終了してしまって結局無駄に終わった…ということもありまして(=д= ;)

というわけで、この機会は逃さないで欲しいな、というのがホントのところです。

※自動更新の解除さえしてしまえば大丈夫です。現に、自動更新は解除していたので、料金は発生せずに突然本が読めなくなりました(笑)※残日数を確認する方法があるようです

※自動更新を解除する方法は、後半に書いています。

Kindle Unlimitedの自動更新をストップする方法

こちらの記事が参考になります。
https://knowledge-magnet.com/kindle-unlimited-cancellation

まとめ:KindleUnlimitedおすすめな人は?【元を取る方法解説】

Kindle Unlimitedをおすすめする人の特徴と必ず元が取れる理由をまとめてきました。

Kindle Unlimitedをおすすめする人の特徴

  • たくさん本を読みたい
  • 知識を吸収したい
  • 自分に合う本を効率よく探したい
  • 時間がない人
  • 月に使用できるギガ数が少ない人
  • 部屋をキレイに保ちたい人

元がとれる理由

  • 新書:1,290円
  • 中古:280円✖️5冊
  • Kindle Unlimited:980円で読み放題

元がとれる読書法

「目次を見る→必要箇所だけ読んだら、次の本へ行く」を繰り返します。

Kindle Unlimitedをおすすめしない人

  • マーカーや付箋をつけたい人
  • 最新の漫画を読みたい人
  • 電子書籍ですら読む時間がない人
  • 自分の好きなジャンルがわかっていない人
  • どんなものを読むか?より、元が取れたかを気にする人

私もそうですが、自動更新を切っておいて、いったん考えています。Kindle Unlimitedを継続すべきかどうかを。
まだブログもやることが多いし、読書の時間…となると積極的に確保が必要になると思います。

ブログ・読書・育児・家事だと、どうしても金銭に直結しない読書をおろそかにしてしまいそうです。もしくは逆に、Kindle unlimitedの料金を気にして他がおろそかになるか…。

個人的には「インプット:読書/アウトプット:ブログ」という風にしていきたいのです。

しかし、ブログに時間の大半を費やしているため、比率的に言えば、10:1くらいです。確かに2冊も読めれば元が取れるけど、もっと欲張りたいため、Kindle unlimitedの更新はひとまず保留にしています。

もし、やることがメインとなるもの以外にないのであれば、ぜひKindle Unlimitedはおすすめです。

たとえば、「家事育児がメイン」「仕事だけがメイン」という人であれば読書時間を確保しやすいです。

私のように「家事育児、ブログ」となってしまうと、軌道に乗っていなければ厳しいと思うので、やめた方がいいです。さっきも言いましたが、金銭を気にしすぎてしまうからです。

とはいえ、理想は時間がないなりにも毎日少しずつ時間を分割して積み上げていく方がいいですね。私が不器用なだけです。

というわけで、個人的には漫画を読みたい!という人以外であれば全人類におすすめです。

Kindle Unlimitedの30日間無料キャンペーンはこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

アーカイブ

カテゴリー

目次