妊娠出産

白斑(乳口炎)がずっと治らない【新デスパコーワと負担のない授乳を】

可愛さ全開、自己主張強めの4ヶ月後半の娘を育てているmeです。

ひどい時は右乳首に白斑が3つ、左に1つできて母乳育児を投げ出したくなったことがあります。

今回は白斑(乳口炎)が治らない原因(潰し飲みの場合)についてお話しします。

結論
  • 白斑(乳口炎)には新デスパコーワを塗りましょう
  • 白斑(乳口炎)は乾燥させないようにしましょう
  • 頻回授乳はやめましょう
  • 乳首に負担がかかることはやめましょう
about me

うっ滞性乳腺炎を繰り返し、ひどいときは2日おきに詰まることもありました。
乳栓、白斑、しこりなど、一通り経験済みです。

5人の助産師さんの技術を学び、たいていの詰まりなら自分で対処できるレベルになりました。

(助産院に電話しても、「そのくらいならmeさん自分でとれるでしょ?」と言われる始末です。)

いまではいかに早期発見し、未然に防ぐことができるか?という段階まで進化しています。

では、まずは原因と対処法の説明をしていきます。

白斑がずっと治らない原因と対処法

白斑(乳口炎)がずっと、なおらない原因は…

  1. 潰し飲み
  2. 引っ張り飲み

が考えられます。

上記のような飲み方を赤ちゃんがすると、乳首に負担がかかりすぎます。

えーウチの子、そんな飲み方してるかなぁ??わかんないよ。
特徴としては、飲み終わった後の乳首の形に注目です。

こんな形は要注意!↓↓

乳首がいれた時と同じ形であればokです。

ちょうどつぶれた部分に大きな負荷がかかってしまい、白斑になりやすいです。

私もつぶれた部分に、毎回白斑ができていました。

他にも、危険なサインが以下です。

  • 授乳に痛みがある
  • 授乳後の乳頭が白っぽくなっている
  • 授乳中に音が鳴る
  • 赤ちゃんが反りながら飲む
  • 頻回授乳している
  • 30分以上の長い授乳をしている
  • 片乳の授乳が長い

これらは、すべて乳頭に負担がかかりやすいです。のちのち白斑(乳口炎)の予備軍となるでしょう。

対処法

結論から言うと、3ヶ月以降の赤ちゃんの歪め飲みによる白斑の予防は難しいと考えています。

なぜなら、

自我が芽生え、自分の飲み方があるからです。直しても逆に直されます。

なので、ここでは予防というよりも、いかに出来にくくするか?という視点でお話をしますね。

対処法1.真っ直ぐ乳首が口に入るようにしましょう

潰し飲みによって、同じ場所にばかり負荷がかかるため白斑(乳口炎)ができます。
潰し飲みにならないためには、乳首を正しく(真っ直ぐに)口に含ませることが大事です。

なので、授乳の角度を真っ直ぐになるように変えてみましょう。

変えてみたけど、すぐに嫌がっちゃって元に戻ってしまう…
少しずつ角度をずらしてみましょう。

いきなり違う角度や授乳姿勢に変えてしまうと、3ヶ月以降の赤ちゃんは自我をもっているので、いつもの授乳姿勢や角度に戻しがちです。

なので、すごくゆっくり角度をずらして真っ直ぐなるようにしてみましょう。

思っている以上にゆっくりしてみてください。赤ちゃんのお口の中は、大人が思っている以上に敏感です。

なんせ、口の中にいれて色々確認するので、お口は敏感に反応しなくちゃいけないからですね。

それでも、やっぱり直される…。
どうしたら?
正しさよりも、できにくさ重視でいきましょう!

嫌がらないなら、授乳姿勢自体を変えてみる

横抱きからレイバック授乳にかえる

わたしの場合は、横抱きで同じところに負荷がかかりました。角度を変えても改善されなかったので、乳頭混乱の時にやっていたレイバック授乳をしています。

結論

未だ完治はしていませんが、それ以上悪化することはなく、改善の一途を辿っています。
完治は目前、時間の問題となるでしょう。

レイバック授乳は首が座っていなかった娘には難しかったのですが、首が座ってからはむしろ一番娘に合った姿勢となりました。

レイバック授乳をしてから、

  1. 授乳時間が短縮した
  2. 飲んでいる感覚がわかった
  3. 乳首の形が変形しない

↑のメリットが産まれました。

やっと授乳の時間が苦痛ではなく、楽しいタイムになりました。
今ではくすぐったくて、笑う場面まで出てきてますもん。

授乳姿勢はこれからの予防に。
次に紹介する新デスパコーワはできてしまった白斑(乳口炎)の対処にバツグンです。
ぜひ、塗りましょう。

対処法2.白斑(乳口炎)には新デスパコーワを欠かさず塗る

助産師ひさこさんと、最強母乳外来フェニックスのsolaninさんの記事で「白斑(乳口炎)にはデスパコーワ」との記述があったので試してみました。

結果

効果テキメン!
あんなに頑固で歴史の長い白斑が、治ってきました。
薬のおかげで乳首の乾燥も防ぐことができるので、一石二鳥です。

わたしは市販の新デスパコーワを使っています。

デスパコーワは赤ちゃんに害はない?
拭き取りは必要なの?

助産師ひさこさんのYouTubeでは、新デスパコーワについて、拭き取りはせずにそのまま授乳してよいと発信しています。

私もクリームをつけたまま授乳していますが、問題ありません。

拭き取ってしまうと、

  • 刺激になる
  • せっかくの保湿効果も台無しになる

からです。

拭き取らずに授乳ね。

病院で処方されるデスパコーワはステロイドが入っているので、赤ちゃんの口には入れないようにしましょう。拭き取りが必要です。

市販の新デスパコーワはステロイドが入っていません。

新デスパコーワはどこで買うことができるの?

薬剤師や登録販売者のいる薬局で購入できます。

デスパコーワを病院で処方してもらうのもいいけど…
  • ステロイドが入っているため、授乳中の人に処方できないと断られたことがあります。
  • 旦那に頼んで歯医者で処方してもらおうとしたら、当院では取り扱っていない…。

なんだか面倒くさくなったし、早く欲しかったので市販の新デスパコーワを買いました。

私のように見つけるのに時間がかかってしまうと、その分時間がもったいないです。

もっと早く買っておけばよかったです。

ちなみに、新デスパコーワもなかなか薬局に置いていなくて焦りました。
近くのココカラファインに売っていたので良かったです。

急ぎの方は↓↓ポチッとです。
(私に小金が入ります)

白斑(乳口炎)ができたときは、

  • 白斑(乳口炎)をできにくくする
  • 新デスパコーワでケア

が大切とお伝えしましたが、自分で溜まった母乳を出してあげることも重要です。

赤ちゃんが吸ってくれるなら、赤ちゃんに任せればいいですが、やっぱり痛いですよね。

自分で白斑を開通できればかなりラクになりますよ。

対処法3.自分で搾乳する

手順やポイントは乳栓を出すときと同じです。

関連: 乳栓の詰まり取り方【たぶんどこよりも詳しく書いてる】

母乳の圧力で、白斑(乳口炎)を突き破りましょうということです。

ただし、白斑(乳口炎)は開通するのにかなり時間がかかります。

なぜなら、皮が厚くなっているからです。

とにかく、保湿(新デスパコーワ)を徹底的にして、ふやかしておきます。ラップパックなんかは最強です。

*人によっては、かぶれることもあります。

*人によっては、ラップパックを推奨しない助産師もいます。自然に分泌される母乳の逃げ道を無くす・乳頭がつねにふやけた状態になるので傷ができやすくなるからです。

ラップパックをして白斑(乳口炎)を柔らかくしておきます。
その状態で授乳して開通すれば超ラッキーです!開通していなければ、授乳したあとに搾乳して白斑(乳口炎)が開通するのをサポートしましょう。

白斑(乳口炎)のところで乳栓が詰まっている場合もありますよ。

おさらい
  • 一点に圧力が集中しないように、授乳姿勢や角度を変えてみる
  • 新デスパコーワを塗る、保湿徹底!
  • 授乳後に搾乳して開通をサポート

白斑(乳口炎)は乳首の大きさも関係ある?

助産院で聞いた話です。

乳首が小さい(カワイイサイズ)だと、かかる圧力が一点に集中しやすい。
乳首が普通〜だと、圧力は分散しやすい。

助産師さんからみると、私の乳首は小さいみたいです。たしかに授乳後はしょっちゅうレイノー現象が起きていました。(血が一時的に通わなくなること)

こう言うと残念になりますが、乳首の形状も多少なり関係しているかもしれません。

白斑の予防

  • 潰しのみになりにくい授乳をする。
  • 張ってる状態で授乳しない
  • 乳頭を柔らかく保つ
  • 乳栓ができたら早めに取る
  • 痛みを我慢しないでミルクに頼る

潰しのみになりにくい授乳をする。

白斑(乳口炎)の原因でお話しした通りで、潰し飲みになりにくくするか、一部に負担がかからないようにするかです。

できれば、縦と横で授乳できればかなり負担を軽減できるかと思います。

私の乳房はフットボール抱きをしにくい形をしているので、できませんが、横抱きとレイバック授乳ができます。

横抱きで白斑(乳口炎)多発して、今はレイバック授乳をメインでやっています。

レイバックで授乳を終えると、乳首の形が綺麗なまま口からはずすことができるので、余計な圧力があまりかかっていないのかなと思います。

たまに、レイノー現象(一時的に血が通わなくなること)にはなりますが、白斑(乳口炎)までにはなっていません。

張ってる状態で授乳しない

乳房が張っていると乳輪がかたくて、赤ちゃんの舌が滑ってしまいます。
赤ちゃんとしては、滑らないようにすごい吸引力で吸い付いてきます。

こうすると、余計な圧力がかかっていますね。

なので、授乳間隔を空けすぎて乳房が張ってしまったなら、ほぐしてから授乳するなり、とにかく乳輪部分を柔らかく保つことが大切です。

乳頭を柔らかく保つ

乳輪の柔らかさも大事ですが、私の経験からだと乳頭の柔らかさも大事に思えます。

固いものを一気に引き伸ばすと圧力がかかるからです。

白斑(乳口炎)や乳栓の繰り返しで、私の乳首の先端は少しかたいです。ほぐせば柔らかくなりますが、かたいままで授乳すると、固いものが一気に引き延ばされるので圧力のかかり方がエグいです。

白斑(乳口炎)が改善するにつれて、固さも和らいできました。そのためか、授乳時の引き伸ばしによる痛みも少なくなってきました。

乳栓ができたら早めに取る

母乳の出が悪くなると、赤ちゃんは何とかして母乳を出そうと引っ張り飲みをします。

引っ張って飲むと圧力がかかりますよね?

白斑(乳口炎)の原因になりやすいです。

乳栓はコツを掴めば自分でとれます。

以下に取り方のコツをまとめたので、読んでみてください。

乳栓の詰まり取り方【たぶんどこよりも詳しく書いてる】 自分で乳栓を取るコツ 乗り切るマインド プラスαの情報モリモリ 【準備編】乳栓を取...

痛みを我慢しないでミルクに頼る

これからお話しすることは、私の経験であり、一般的に言われていることとは異なります。

世間では頻回授乳して、白斑(乳口炎)を開通させるのが主流になっています。
たしかに、開通させるのは大事なので開通させるまでは頻回授乳でもいいと思います。

しかし、開通したあとは頻回授乳しすぎるのはマイナスになるのではないかと考えています。

というのも、

白斑(乳口炎)は圧力(負荷)が一点にかかりすぎてできる…。

ということは、早く治すのであればできるだけ圧力がかからないようにするのが手っ取り早いと思うのです。

つまり、頻回授乳のしすぎはむしろ圧力をさらに乳首にかけて負担になることを意味します。

私がお勧めするのは、ミルクを足してみましょうということです。

ここでたすミルクの量は、3時間でお腹が空く量に調節します。

ミルクを足して3時間あくようにすれば、1日8回の授乳で済みます。
仮に2時間おきに授乳していたら、12回なので、4回も減らすことができます。

授乳回数が減ったことよりも、一度授乳したら約2時間は乳首を休めることができることが1番のメリットです。

そうやって集中的に、早く治したほうがお互いにいいと思います。

*8回であれば母乳分泌を維持できます。

白斑によって詰まりが生じた時、シコリができた時の対処法

  • 新デスパコーワをぬる
  • 搾乳
  • 授乳する

とにもかくにも、まずは新デスパコーワを塗って炎症を抑えるのと、保湿でケアをしましょう。

白斑(乳口炎)のヒリヒリも塗るだけでかなり良くなりますよ。

次に、開通していなければできるだけ早く開通させましょう。でないと、母乳が詰まってしまい乳腺炎になってしまうからです。

開通させるには、授乳+搾乳の二段構えがいいでしょう。

搾乳の仕方は乳栓を取るコツと同じです。

ただし、白斑(乳口炎)のすぐ近くはあまり圧力をかけない方がいいです。
圧力がかかることが、白斑(乳口炎)の悪化を招きます。

白斑(乳口炎)ができた時にやってはいけないこと

針で刺す

一時的によくはなるものの、ぶり返して悪化しやすいのでやめましょう。

乾燥させる

乾燥してしまうと、皮膚の伸びが悪くなるので授乳の時に痛みを伴います。
また、治りも悪いので保湿は徹底しましょう。

頻回授乳しすぎる

圧力で負荷がかかると白斑(乳口炎)ができます。頻回授乳によって、さらに圧力をかけることになるので、ミルク(搾乳した母乳もあり)を足しつつ少し乳首を休めましょう。

長時間の授乳

赤ちゃんがずっと乳房をしゃぶっている…そんなときに多いのが、「ただしゃぶっていただけ」です。肝心の母乳はすでに飲み終わっているけど、ママンにくっついていたい、安心するという理由かもしれません。

長時間授乳しすぎると、乳首に負担がかなりかかってしまいます。

飲んでなさそうであれば、乳房交換してみましょう。それでも早いリズムで口を動かしているようであれば、一旦切り上げたほうがいいです。

白斑(乳口炎)が痛い!授乳時の激痛を和らげるには?

射乳がおきたら白斑(乳口炎)の方を飲ませましょう。

射乳が起きている間は、赤ちゃんはただ飲んでいるだけなので、一番乳首の負担になりません。射乳が終わったら痛くないほうの乳首に切り替えるようにしましょう。

切り替えが少し面倒ですが、痛みは確かに少なかったです。

井田助産院を参考にしました。

白斑(乳口炎)と食事は関係あるの?

私の場合は関係ないと考えています。

なぜなら、食事の内容よりも乳首への圧力を考えた方が、白斑(乳口炎)の改善につながったからです。

食事制限はとくにしていません。
和食中心もしていません。
ただ、できる範囲でバランスよくしています。

白斑(乳口炎)の数が増えたら?

授乳姿勢を変えてみましょう。
乳首の負担がかかる場所を変えることで、数を減らすことができるかもしれません。

わたしは横抱き→レイバックにかえたところ、白斑(乳口炎)の数が3つ→1つになりました。

記事を書いてる人
me
暇チャットで男性研究がてらに、メッセージ100人越え(自慢ではない)でデータ集め+実験。 たった一人とだけデート→遠距離恋愛3ヶ月を経て2年後に結婚。 心療内科の受付で人間観察。「ひねくれている、斜めに物を見る」と言われるも、それがけっこう当たる。 *院内の仮面被り女の本質見抜いたことあり(院内No.1心理士と私しか見抜けなかった) そんなこんなで、人のウソや本質?を割と見抜きやすいです。 いまでは、発言やメッセージから相手のだいたいの性格がつかめます。
\ Follow me /