生活

余った赤ワインの活用法3つ【渋い、えぐみがあって使いきれない時に】

余った赤ワインの活用法3つ【渋い、えぐみがあって使いきれない時に】

一度、”やや甘口”の赤ワインを買ったけど、えぐみが強くしかも求めている甘さじゃないことがあった。

こうなると赤ワインが余ってしまって活用法に困りますよね。

そんな時の赤ワインの活用方法についてお話しします。作るのは以下3つ。

  1. サングリア
  2. コンポート
  3. デミグラスソース(?)

たぶん赤ワインが好きだけど、そんなに量が飲めない。小さいボトルはコスパが悪いから、つい普通サイズを買ってしまう人におススメです。

私がいつも使っているのは、イオントップバリュのワインデリ赤甘口です。

トップバリューワインデリ赤甘口のレビュー【初心者でも飲みやすい】
トップバリューワインデリ赤甘口のレビュー【初心者でも飲みやすい】ワインは好きだけどそんなに高いワインじゃなくていい… むしろ、ワインの風味が好きなだけであって、あれを味わえるなら別にワイン風でも...

余った赤ワインでサングリアを作る

余った赤ワインでサングリアを作る

サングリアとはリンゴやオレンジなどの他のフルーツを入れた赤ワイン。フルーティーなのみものなので、赤ワインが苦手でも飲みやすいです。

果実は揃えなくていいので、1つだけ買ってください。
できれば2つ買ってほしいけど、それはお好みで。

オレンジジュースはジュースがオススメ。砂糖を入れる手間が省けます。果汁100%だと甘さ調節のため砂糖の用意が必要です。

作り方
  1. 必要な量の赤ワインを鍋に入れる(オレンジジュースも入れるので、そこも考慮してください)
  2. 沸騰させてアルコールを飛ばします
  3. アルコールが飛んだワインにオレンジジュースを好みの味になるまで入れる
  4. シナモンを振って完成

アルコールは2~3分沸騰させれば飛びます。飲んだ時にツンとしなければOKです。

甘さが足りなければ、アルコールを飛ばした時に砂糖を入れて調節してみてください。

ぶっちゃけ一緒にオレンジジュースを入れて煮込んでもいいと思う

私は赤ワインの風味が好きで甘みだけはほしいので、ワイン7:オレンジジュース3くらいでシナモン多めにしてます。

材料すらない時

赤ワインのアルコールだけを飛ばして、砂糖を入れればかなり飲みやすくなりますよ。

赤ワインのコンポートの作り方

赤ワインのコンポートの作り方

コンポートと言えば桃。でもリンゴでもいいです。

作り方
  1. 先に桃缶の水気を切って3当分くらいにカットします。リンゴは薄めにカットしたほうが煮る時間を短縮できます。
  2. 砂糖を入れたワインを沸騰させてアルコールを飛ばします。(香辛料を入れるタイミングはこの時がいいです)
  3. アルコールが飛んだら果物を入れて煮ます。(歯ごたえがなくなるまでがいいですね。でも好みでOKです)

出来立てを食べてもよし、冷まして味をよりしみこませてもよしです。

赤ワインのシロップを作って、それで果物を煮るイメージです。

赤ワインのデミグラスソースの作り方

赤ワインのデミグラスソースの作り方

作りたいソースに赤ワインを少し加えるだけです。

赤ワインのアルコールを飛ばしてから他とあわせる。

大人のおいしさ「赤ワインソース」の作り方&絶品活用レシピ5選が参考になります。

まとめ:余った赤ワインの活用法3つ【渋い、えぐみがあって使いきれない時に】

赤ワインじゃなくても白ワインでもできますので、ぜひ余った際は試してみてください。

運営者
ウリエル
【人柄】 *回避型の女 *ネット+遠距離恋愛ののち結婚 *インドア *超OB型 【書いてくこと】 *気ままにかく *買った物のレビュー *思考関係 *経験して得た知識 【目標】 *見やすさ重視 *必要な人に必要な分だけの情報を
\ Follow me /