生活

ハロワの空求人【特徴と見分け方】応募したのに募集締め切ってた話

空求人の特徴・対策知ってますか?
悩み

ハローワークの求人に書類そろえて応募したのに、結果は既に締め切っていたから書類選考で不採用。
いやいや、応募した意味ないじゃん!こういうハロワの求人の見分け方とか特徴があればぜひ知りたい!

私も以前全く同じ経験をしました。
その時の経験から本記事を書いていきます。

その前に私の事についてお話しします。

私について
  • 実際に空求人を体験
  • この体験を機に空求人についてめちゃ調べまくった
  • だいたいの空求人の特徴は網羅した
  • 最後に参考サイトを羅列します。

でもごめんなさい。

この結果を試す前にハロワ以外で採用をもらったので、真偽のほどは定かではありません。

しかし、蓄積したノウハウをこれからハロワを受ける人、悩んでいる人にむけて少しでも参考になればと思い書いていきます。

もし、ハローワークを利用しようとおもっているのであれば以下のサイトも参考になります。

ハローワークに履歴書いる?服装は?職員は怖い?【実体験を話します】
ハローワークに履歴書いる?服装は?職員は怖い?【実体験を話します】 こんな疑問にお答えしますね。 …とそのまえに、空求人というのを知っていますか? 空求人とは、採用する気がないのに募集...
話すこと
  1. ハロワークの空求人とは?応募するとどうなるの?
  2. ハロワークの空求人の特徴
  3. ハローワークの空求人の見分け方
  4. 企業が空求人を出す目的
  5. ハローワークに空求人が多い理由
  6. ハローワークの空求人に出会ったら【できること】
  7. ハロワークの空求人に引っかかった私の体験談
  8. ハロワーク以外で転職するなら転職エージェントがいい
  9. ハロワーク空求人について参考にさせていただいたサイト
  10. まとめ:ハローワークの空求人の特徴見分け方とは?【応募したのに締め切ってる件】

ハロワークの空求人とは?応募するとどうなるの?

ハロワークの空求人とは?応募するとどうなるの?

読み方は「カラ求人」といいます。

企業側が採用する気がないのに出している求人の事です。

空求人によって以下の事が起きます。

求人を出しているから応募したのに、応募したら選考を締め切っていたといわれ不採用になる。

空求人のデメリット

時間とお金の無駄

これに尽きます。

就活や転職活動には、なにかとお金がかさみます。

活動経費
  • 切手代
  • 封筒代
  • 履歴書代
  • 証明写真代
  • ハローワークに行くための交通費

そしてこれらを準備するために、時間だって手間だってかかります。

空求人を出している企業側は最初から採用する気はないので、この時間とお金が全くの無駄になってしまうのです。

ちょっとひどい言い方ですが、骨折り損のくたびれもうけ。どぶに捨てているようなものです。許せませんね(-“-)

中には応募したいがために、別の企業を諦めた方もいたかもしれない…。
軽く人生に関わってきますね。

私の調べた空求人対策で、少しでも引っかかる確率を減らしたいですっ!!

ハロワークの空求人の特徴

ハロワークの空求人の特徴
  • 書類審査がある
  • 長期間ずっと募集している
  • 大量採用、一括採用を掲げている
  • 募集内容が矛盾している
  • 募集条件が極端にいいか、極端にわるい
  • 連絡が遅すぎる
  • 面接や対応が明らかにテキトー

空求人に高確率で見られる特徴です。

書類審査がある

書類審査があること自体は、どの会社も今や必須条件となっているので悪いことではありません。

問題なのは、求人票に「年齢、資格、経験不問」とすべてに不問が書かれているにもかかわらず履歴書の提出を求めてくる企業です。

不問と書かれているのに履歴書をみたところでどうなるんですかね?(゜-゜)

それこそ面接して、直接応募者の雰囲気だったり疑問点を聞いた方が早いはずです。

書類選考ののち不採用だとしても履歴書は返却しない、と記載があるところは完全にやめておいた方がいいです。

参考までに書いておきますね。年齢、資格、経験不問の場合は書類選考をしないことが多く、即面接しましょう!という会社が多いです。

とくに現場の技術系や工場系は、です。

アルバイトならなおさら

アルバイトでは履歴書持参の面接が多いです。しかし空求人の場合は、企業側は採用する気がないので面接に割く時間はもったいないから設けたくありません。
なので書類選考で落とそうと目論み書類審査を設けるのです。

履歴書を返却しない理由は後述します。

長期間ずっと募集している

ハローワークには求人掲載期間というものがありますが、その期間が終了してもなお、延長・更新し続けてずーっと募集を出している企業があります。
そういったものは、空求人じゃなくてもブラック企業の場合があるのでお勧めできません。

ブラック企業の可能性も…

劣悪な労働環境だったりパワハラなどといった、非常に仕事をしにくい環境のため離職率がたかい職場の事です。社員が入社してもすぐにやめてしまうので、ずっと募集をかけ続けているケースがあります。

大量採用、一括採用を掲げている

フリーペーパーにも多くでていますよね。同じ系列店の役職が付いた募集を大量にしてるケースがこれです。

example

店長候補急募!○○店、○○店、○○店大量募集!

しかし、繁忙期や新規オープン、コールセンターは例外。

繁忙期や新規オープンの時は人手が多くほしいので、大量募集は理にかなっています。コールセンターは離職率がたかいため、大量採用する場合がほとんどです。

募集内容が矛盾している

募集内容と面接の内容が違ったり、「即戦力になる人」と書かれているのに「未経験者可」など、矛盾している。これは企業側が採用する人物像を明確に決めていないから起こることです。
人物像を決めていないという事は、採用する気がないという事ですのでカラ求人です。

募集条件が極端にいいか、極端にわるい

私も幾度となく引っかかりました。
めっちゃ募集条件がいいんですよね。雇用条件はいいし好待遇だし。書いていることはイイことだらけです。

もしくは逆に、募集条件や企業内容が超絶短文、なんの情報も得られない求人内容も空求人の可能性があります。

派遣の空求人

派遣の空求人と言うのは、良い条件の募集先があって応募したのに、全く別のトコロに派遣されてしまうケースです。

派遣会社は、派遣登録されている人数が多ければ多いほど信頼につながります。そのため、いい求人を載せて派遣登録をさせるのが目的なところもあります。

登録しても、実際はそんな求人はとっくに締め切っているか、存在すらしていないので別の職場に派遣されてしまいます。
これが派遣における空求人のカラクリです。

連絡が遅すぎる

  • 書類選考の結果
  • 応募から面接までの日程
  • 面接が終わってからの合否通知

これらの連絡が異常に遅い場合は、空求人である可能性が高いです。採用する気がないので後回しにされています。

中には面接の連絡が来るまで1週間以上かかったり、面接当日に数十分待たされたというケースもあります。

面接や対応が明らかにテキトー

やる気がない面接だったり、企業自体の対応がずさんすぎる場合は空求人の可能性が高いです。
やたらテンションアゲアゲな面接官や、明らかに面接官じゃない人が当たった場合も同様です。

実際に面接に行ってからでないとこのような場面に出くわすことはないと思いますが、おかしいと思ったら警戒しましょう。

ハローワークの空求人の見分け方

ハローワークの空求人の見分け方
  • 知らされていない入社試験などがある
  • 連絡が取れなくなった
  • 別職種を紹介された
  • ハローワークの職員の反応が良くない
  • 履歴書の返却をしない
  • 短時間勤務なのに書類選考がある
  • 仕事内容に関係ないPR
  • 必要以上に個人情報を聞いてくる
  • ナルシスト感が漂って胡散臭い
  • SNSに愚痴が書かれている
  • 求人理由の説明がない
  • 締め切りが異常に早い

知らされてない入社試験などがあった

空求人では募集に書いていないことが行われることが多々あります。

たとえば、特に記載のなかった入社試験や能力テストなどです。もっとタチが悪いと、時間内では到底終わることない量の就職試験をやらされることがあります。

採用する気がないので不採用にするのが目的です。

私も、あるバイトの面接に向かった時に、いきなりPCテストをやらされたことがありました

連絡が取れなくなった

応募したとたん・応募してから連絡が取れないのは確実に黒です。

厄介なことに、ハローワーク経由でも連絡が取れないことがあります。

私も、不採用とわかっていましたが催促したことがあります。結局連絡がありませんでした。

別職種を紹介された

私も経験したことがあるのですが、希望職種に応募したのに面接では勝手に違う職種にすり替わっていました。
それを追及したところ「その募集はすでに締め切った」という返答でした。一通り面接は受けたのですが最後に別職種への案内を2.3個されました。

ハローワーク職員の反応が良くない

職員にきいてみると「経験不問でずっと求人を出しているのに、その求人に応募した全員が不採用になっている」とのこと。
職員のほうから詳細を聞くと「希望の経験年数に満ちていなかった」と返答が。

これは綺麗すぎて怖いくらいの空求人ですね。

履歴書の返却をしない

「履歴書の返却は致しません」という文言が書いてある求人がありますよね?まっとうな理由であれば個人情報を保護するためが多いです。

郵送で履歴書を返却して、万が一違う人の手に渡ってしまった時のことを考えてです。

しかし、空求人の場合はそうではありません。

  • 個人情報収集のため
  • 返却コストを削減するため

企業にとって個人情報と言うのは美味しい情報なので、たくさん収集したいと思います。空求人とは実質、求人募集していません。

募集していないのに空求人を見て応募してくる人に、わざわざ郵送料をかけて返却したいとは微塵も思っていないのです。

よって、履歴書返却を拒むところは警戒したほうがいいです。

アルバイトならなおさらです(>_<)

短時間勤務なのに書類選考がある

短時間勤務なのにわざわざ書類選考する意味が分かりませんね( ;∀;)
ましてや短時間という事は正社員ではないという事です。
それなのに書類選考を設けるという事は、空求人の可能性が高いです。

仕事内容に関係ないPRをしている

意外と目にすることが多いので、疑問に思わないかもしれませんが、ちゃんとした企業ならしっかりと企業PRをしてきます。

どんな事業内容で何が強みなのか、新しいことにチャレンジしているなど…。

応募する側と同じように企業のPRもあるものです。

しかし、空求人の場合はブラック企業の可能性もあるので、まったく業務に関係ないPRばかり載せます。

example

オフィスがキレイ、駅チカ、まかないあり!

などなど。上記はよく見る内容ですが、根本がずれてますよね。企業の強みは一切PRされていないんです。

必要以上に個人情報を聞いてくる

空求人の場合、書類選考で落とすことが目的なので、なかなか面接まではたどり着けません。

しかし、面接に行けたからと言って安心してはいけませんよっ。

仕事に関係ないコトを根掘り葉掘り聞かれる場合は要注意です。

家族全員の氏名、生年月日など

読書は何を読むのですか?など履歴書に基づいて聞かれることはOKです。

私自身も面接で希望時間を申し上げたところ、出勤希望ではない日時の詳細を聞かれました。
「なぜ出れないのか?」いや、その日は出勤したくないからに決まってるだろーが!って話ですが、祖父の介護を理由にしました。

介護についても根掘り葉掘り聞かれたので、細かく計画しておいた方がいいです。

ナルシスト感が漂って胡散臭い

フリーペーパーなんかでは多いですが、インタビュー記事が小さく載っていたりすることがあります。

文面や本人画像から、なんとなくナルシシズムが感じられるような演出が施されている場合は、見かけだけなので辞めておいた方がいいです。

口先だけ上手なので…(‘ω’)

SNSに愚痴が書かれている

古典的かもしれませんが職場関連の2chや勤めている方のSNSをチェックしてみると、思わぬ発見をする時があります。

勤務時間中にもかかわらず更新していたり、従業員が愚痴をこぼしていたり会社の実態を知ることができます。

勤務時間中に携帯をいじって愚痴ばかりこぼせる職場環境は、生産性が高いとは言えないので無駄な残業が多いかもです。

求人理由の説明がない

募集内容や面接で確認してみても、明確な求人理由が分からない場合は、そもそも求人していない=カラ求人の可能性が高いです。

普通に考えて、欠員なら欠員補充と言えますし理由があるから募集するはずです。

嘘でも欠員補充のためとすら言えない会社は、やる気がないカラ求人率大です。
*ウソはいけませんよっ(`・ω・´)

締め切りが異常に早い

応募や問い合わせが来た直後にすぐ募集を締め切って、何日か後に全く同じ内容で募集を出す手口もあります。

なかには、問い合わせしたら募集開始から1時間で締め切ってしまったという経験の方もいるようです。

人材を求めていないので応募されたら困るのでしょう

この体験をした人は、後日同じ内容の募集が出ているのを発見して、再応募するのはやめたそうです。

企業が空求人を出す目的

企業が空求人を出す目的
  • 宣伝目的
  • 経験の浅い人事部の面接の練習台
  • 金銭目的(ハローワークに空求人が多い理由で後述します)
  • 採用報告をしていない
  • なんとなく

宣伝目的

広告を出すことによって、少なからずとも事業内容や会社名をアピールすることができるから。

練習台

なにごとにも最初があるように、人事部(面接する人)にもスタートがあります。最初からあんな貫禄のある面接や、きわどい質問攻めができるわけではありません。

やはり最初は経験が必要です。

そのため、ちょっと残念な言い方になりますが、空求人に応募してきた人を練習台として使うわけです。

一体、人の事をなんだと思っているのか…(-“-)

優秀な人材が来たら、それはそれで採用する方向でいる企業もあるようです。

年配と若い面接官のタッグだと、高確率で練習のための面接。

採用報告をしていない

実はすでに採用が決まっている人がいるのに、それをハローワークに報告していないケースがあります。
もしくは、採用してもすぐにやめてしまうブラック企業なので、いちいち募集を出すのが面倒だからずっと掲載しているケースもあります。

なんとなく出してみた

 step

  1. なんとなく無料で求人広告を出す
  2. 忘れたころに応募が入ってくる
  3. 特別採用したいわけじゃないので不採用。
  4. そのまま求人掲載しとく

もし優秀な人材が来た場合はラッキーって感じで採用する魂胆です。

私の例

私はコールセンターの空求人に引っかかったことがあります。(しかもみんな知っているところです)

  • 面接で希望職種は締め切ったと知らされた
  • 希望していない日時まで根掘り葉掘り聞かれて出勤させようとする
  • 記載されていない試験

この時は採用をいただきましたが辞退しました。辞退の連絡のあとの別職種への勧誘がしつこかったのを覚えています。

個人的な感覚ですが、今の時代空求人のほうが多くはびこっている気がします。

あとで気づきましたが、ずーーーっと募集が出ていました。私が締め切ったと聞かされていた職種も。

ハローワークに空求人が多い理由

ハローワークに空求人が多い理由
  • 無料で求人掲載できる
  • 行政機関の為、断れない
  • ハローワークのチェックが甘い
  • 金銭目的
  • 有効倍率のかさまし

無料で求人掲載できる

ハローワークには企業の求人を無料掲載できます。無料で求人を出せるので企業側の宣伝という目的にも利用しやすいのです。

行政機関の為、断れない

ハローワークは国の雇用安定を目的に設立された行政機関であるため、原則的に企業側の求人掲載を断ることはできません。
そこにつけ入って空求人を出すんですね。

ハローワークのチェックが甘い

企業から求人募集広告を受けた際に、内容をハローワーク側でチェックします。
しかし、厳しくチェックしすぎると企業から求人を出してもらえなくなるので、チェックが甘くなってしまう節があります。

金銭目的

ハローワークで求人掲載して採用が決まれば、国から一人当たり何十万かの助成金がもらえる仕組みがあります。

*助成金をもらうにはいくつか条件があります。

助成金がもらえる条件の一つとして、試用期間(トライアル期間)は雇用しなければいけない決まりがあります。
しかし、金銭目当ての企業の場合、この期間が過ぎたら解雇・辞めさせるように仕向けてきます。

ハローワークで求人を探していると「トライアル雇用採用」のような文言が記載されているものがあります。

なかには上記のようなズルい企業もあるので、頭の隅にこの単語は入れておいた方がいいです。

有効求人倍率のかさましの為

ハローワークは厚生労働省の管轄であり、求人が少なくなると有効求人倍率が下がってしまいます。

求人が少ないとハローワークから企業にたいして、求人募集を出してほしいと依頼することがあります。

企業的には「急ぎじゃないけど依頼が入ったし、無料で求人出せるし今後の付き合いもあるし…仕方なく出しておこう」となり、空求人がでまわるのです。

ハローワークも、企業もお互いの都合が関係して空求人が掲載されるんですね。

ハローワークの空求人に出会ったら【できること】

空求人は違法なのか?

結論からいうとグレーゾーンです。

罪に問うとしたら詐欺罪にあたりますが、詐欺罪は立証がかなり難しい案件です。

企業側に採用する気が全くなかった意思や証拠がつかめれば違法として裁けますが、「今回は条件があわず…」などとテキトーな事を並べられてしまうと詐欺罪の立証は極めて困難なものになります。

空求人はハローワークに通報できる

企業側が確実に認めることが無い限り、空求人の掲載を取りやめることはできません。

しかし、場合によっては掲載取り下げが不可能なわけでもないですし、ハローワークの職員さんも警戒してくれるようになります。

そうなると、同じような思いをする人が減ります。

ハロワークの空求人に引っかかった私の体験談

ハロワークの空求人に引っかかった私の体験談

状況

ザックリとしたスケジュールが以下です。

6/28(金)

  • 条件のいい求人を見つけた
  • ハローワークを通して面接にこじつけた
  • ハローワークの担当者から事前連絡済
  • その日のうちに書類を送付した

―7/1(月)
企業側が不採用通知を作成。(日付確認済み)

―7/3(水)
企業側が不採用通知をポストに投函

7/4(木)
応募先から「書類が到着した時点ですでに選考を締め切っていた」と返信が来る。

普通は「あぁ、不採用かぁ~」で済むのですが、この時は少し違いました。

疑問点
  • これから書類を送付しますと伝えたのに、書類が到着した時点で選考締め切っていたとはどういうことか?
  • 書類が到着した時点で選考が終わっていたが本当にそうなのか?
  • 実はハローワークから連絡した時点で、終了していたのではないか?

7つのポイント

  • 募集要項には応募者全員と面接する旨の記載
  • 募集がでてから5日経過していた
  • 6/28(金)ハローワークの職員さんから企業への電話のやり取りを目の前で見ている
  • 6/28(金)の夕方便で書類を郵送している
  • 応募書類は遅くても6/29(土)の午後には確実に到着していたと思う。
    ・応募先は土曜日も営業しています
    ・応募先は自宅と近距離
    ・近辺の郵便物は翌日の午後なら、15~17時までに届くから
  • 7/1(月)午前には確実に届いていた
  • 結果は7/4(木)夕方に到着しました。7/3の消印つきで。

以下が実際の写真です。

不採用通知
消印

友人にも相談したところ、「募集をかけてから5日たっているし、言葉のとおり書類到着時には選考が終了していたのでは?」と言われましたが、そうであるならハローワークから連絡した時点で、断るのが筋ではないでしょうか?

これでは連絡した意味がなくなってしまいます(´Д⊂ヽ

考えられる5つの原因

  1. 応募先の事務が募集締め切りの確認を怠っていた
    (少し失礼ですが、返信されてきた文書と7/1に作成したものを7/3に投函するという行動が雑に感じました。私も同業者なので…)
  2. 応募先自体が適当だった
    (応募先は病院ですが、医者も医療事務の口コミも悪い意味で結構なものでした)
  3. 助成金目当て
  4. 採用報告を忘れていた
  5. とくに理由はない空求人

ハロワーク以外で転職するなら転職エージェントがいい

ハロワーク以外で転職するなら転職エージェントがいい

なぜなら、転職エージェントの求人は非公開求人が多いので空求人が少ないです。
転職エージェントにとっては、応募してきた人が採用されることで報酬を得られるシステムになっているので、空求人は転職エージェントにとって何のメリットもありません。

ハロワーク空求人について参考にさせていただいたサイト

ハロワーク空求人について参考にさせていただいたサイト

上記12サイトを参考にさせていただきました。あの時はお世話になりました(`・ω・´)

ある分だけ検索しようと思っていましたが、検索結果に表示されたこの12サイト以降は、空求人についてのサイトではありませんでした。

まとめ:ハローワークの空求人の特徴見分け方とは?【応募したのに締め切ってる件】

当てはまったら空求人
  • 応募者数と採用者数を確認し、極端に不採用率が高いもの(採用する気なし)
  • 企業側、面接官の対応がおかしい場合(やる気なし)
  • 従業員数に対して採用人数が多い(育てる気なし)
  • 条件、福利厚生が極端によすぎる、もしくは極端に悪すぎる場合(雇用条件等をエサとしてる)
  • 求人票の情報量が少なすぎる場合(実質求人してないだろ)
運営者
ウリエル
【人柄】 *回避型の女 *ネット+遠距離恋愛ののち結婚 *インドア *超OB型 【書いてくこと】 *気ままにかく *買った物のレビュー *思考関係 *経験して得た知識 【目標】 *見やすさ重視 *必要な人に必要な分だけの情報を
\ Follow me /