マッチングアプリ

遠距離恋愛の彼が本気かどうかの見極め方【遠距離→結婚した私が回答】

遠距離でも彼が本気だとわかるチェックリスト

遠距離恋愛中の彼が本気かどうか知りたい。

彼を信じたいけど、不安。

どういう特徴があれば本気なのかな?

ラインとかでは「好き」って言いあっているけど、実際のところは自信がない…。

私について

暇チャットで旦那と知り合い結婚。6か月ほど遠距離恋愛(付き合ってからは3ヵ月)

【暇チャットアプリとは?】

話すことだけを目的とし連絡先の交換や会うことは禁止されている、建前上はトークアプリ。

遠距離恋愛の彼が本気かどうかの見極め方【遠距離→結婚した私が回答】

  • 一つ一つのコミュニケーションを大切にしてくれる
  • 不安にならないように配慮してくれる
  • 時間を作ろうとしてくれる
  • 遠くにいても危険があるなら、守ろうと尽力してくれる
  • 生活を理解してくれる
  • 会いに来ようとしてくれる
  • 未来の約束を取り付けたがる
  • 会った時は本当に嬉しそう

私自身、上記のような対応をされると本気だとみなします。

行動に移してくれている点が多いからです。

これは旦那が私にしてくれたことでもあります。不安になることすらなかったです。

遠距離恋愛中の彼が本気かどうか見極める必要なし

チェックリストを書いておいてアレですが、見極めたところで継続したいと思えない相手であれば意味がありません。

結局お互いの形を見つけていくしかないです。

結局、判断基準は自分

本気かどうか?これを判断するのは自分です。

相手がいくら本気であったとしても、あなたが信じなければ全て本気じゃないと見なすこともできます。

私自身、遠距離恋愛じゃないにもかかわらず、こういう経験があります。

  • 私の誕生日→簡単に彼の自宅で済ませる
  • 同僚(女)への感謝と称した飲み→電話嫌いなのに、お店の予約を彼がした

私の誕生日より、同僚への突発的な感謝際の方が当時の彼にとっては、優先順位が高いという事です。

電話嫌いなのに、わざわざ自分で電話予約した点が物語っています。

彼自身に悪気はなく私にも本気だったようですが、私の価値観では許せるものでもないし理解もできません。

私の例からもわかるとおり、相手が本気を示していたとしても自分がそう判断しなければ、やはり厳しいです。

本気かどうかに距離はあまり関係がない

私の経験からも距離は関係ないことが言えます。

  • 近くで恋愛していた当時の彼→本気度を感じない
  • 遠距離恋愛をしていた旦那→本気だと感じることができた

近くで無理なら、遠距離でも無理です。逆に、遠距離でも大丈夫なら近くでもやっていけます。

距離だけで相手の本気度を判断するのは難しいです。

ですが、お互いの価値観がにていると、うまくいくことが多いです。

本気かどうかは、彼自身にしかわからない

出会って生まれた恋にせよ、ネットで育んだ恋にしても同じことが言えます。

熱がさめてしまったら、誰だって本気以下になりますよね。

なので、本気かどうかというよりも、自分が本気だと受け取れる相手かどうかを見ていった方がいいです。

最初に挙げたチェックリストでは、私の価値観が詰まったチェックリストです。つまり、あのチェックリストにあてはまれば、私には本気にうつります。

というわけで、自分の価値観が許す人を見つけましょう。

遠距離恋愛中の不安を和らげる方法

1.彼のことを考えすぎない

不安になる人は、今現在いない人のことで頭がいっぱいになっていますよね。

なので、考える暇をなくすことが一番早いです。

対処法
  • 仕事で忙しくなりましょう
  • 自分の時間を満喫しましょう

仕事が忙しいと考える余裕が無くなりますよね。

仕事が忙しい→自分の時間が少なくなる→自分の時間が貴重になる→自分の時間を満喫しようとするようになる

遠距離恋愛中のわたしも、当時は6時~23時まで仕事だったりしました。電話は朝までつなげっぱなしの状態。

旦那も夜勤などあって、同じように忙しかったです。

  • 不安になる暇がない
  • 不安になるほど、相手に時間がないのがわかるので、不安にならない

というわけです。

2.お互いに納得のいく形にしていく

不安になるということは、不安に思う要素があるからですよね。

恋愛は他人の基準でするものではなく、自分達で作り上げていくものです。

なので、不安なことは伝えましょう。

不安はのちに不満となって爆発します。

遠距離恋愛ならば、相手の表情などの微妙な変化にも対応しにくいため、より一層話し合いが必要になります。

恋愛→結婚の基本ですが、合わない部分は許容するか話し合って妥協点を見つけるしかないです。

周りへの相談は不要

相談すると不安マシマシになって、ケンカ→別れることが多いです。

回答者は相談者にとって、一番不利にならない方法と客観的視点を話すはずです。

そうなると、本来許容するか妥協するかで補わなければいけない部分を、欠点として挙げてしまいます。

しかも客観的なので、ある意味その通りなのです。

たとえば

旦那は郵便物を見ずに捨てることがある→延滞料金が発生→催促通知すらゴミ箱に紛れてしまうことが過去にあった。

これを友人に話したところ、「よくそんな相手と結婚したね」との返答。

たしかに、一般的に見ればヤベー奴かもしれません。ただし、友人はこのヤベー部分しか見ていませんし、第三者目線で言っていますよね?

私自身の価値観ではまだ許容範囲内。

郵便物は見るように促すことで妥協しています。

このように、相談したところで第三者目線ではアウトな場合の方が多いです。

相談とは欠点を話すことの方が多いからですね。

その欠点を許せるのか許せないのかは、相談しても見つかりません。
自分しかわからないので。

他人の言葉は縛りになる

「よくそんな人と結婚したね」
「そんな人、別れた方がいいよ」

2つ目は前にお付き合いしていた人に対して言われた言葉です。

これを言われると、自分のパートナーは「そんな人」「ろくでもないひと」という認識に変わっていきます。

実体験ですが、人に相談した後は恋人と必ず喧嘩していました。

つまり、相談してもケンカや別れの方向に進むだけで、続けるためのヒントになることは少ないです。

別れるのも文句を言うのも簡単です。

でも、相手の欠点をどう許容していくのかを話し合っていかないと、継続は不可能です。

完璧な人間はいないので。

ちなみに、この友人が選んできた恋人も私から見たら「よくそんな奴と…」という案件です。
  • ゴミ屋敷廃墟くん
  • 筋肉マッチョの猪突猛進
  • 愛知のバカタレ

どれも私には許しがたい価値観の持ち主。

でも、合う型は人それぞれ。

相談しても別れを誘発するだけで、あまり意味がないです。

3.生活パターンを把握する

私は遠距離恋愛中にあまり不安になりませんでした。

理由

相手の生活パターンが分かりきっていたから。

メッセージで相手を分析してお付き合いしたので、付き合う時点で旦那の生活パターンはほぼ把握していました。

たとえば
  • 基本しごと
  • スキマ時間は私とやりとりor遊びに行っている(旦那から報告あり)
  • 夜は私と毎日電話
毎晩電話していたのは、お互いにそうなっただけです。

生活パターンを知るメリット

  • 生活パターン以外の行動したらすぐわかる
  • 時間をみて、相手が何をしているのかわかる
  • →浮気が発覚しやすい・不安になりにくい

4.彼だけと思わないこと

まだまだ他にもいると思うと少しは和らぎます。

彼だけしかいない!→重荷になる→面倒に感じる→逃げ出したくなる

これって依存と同じ状態です。

なので、彼だけとは思わないようにしましょう。

1人に固執すると執着になってしまいます。

もはや、彼を好きとは言えません。ただ縋り付いているという状態にしかならないです。

余談ですが、自分から別れを切り出して前に進む方が、次の恋愛が早く舞い込む気がします。(実体験)

5.不安にならない相手がお勧めです

不安になることの一つに、相手が不安にさせるような態度を取るから…というものがあります。

強制はしないものの、やはりお互いに配慮は必要ですよね。

例えばこんな感じ

自分:連絡は週に一度でイイ。

配慮:けど、相手は不安に思ってしまうかもしれない…。週三くらいは連絡してあげようっ。

とか、

配慮:不安に感じるといけないから、休みの日は何をするのかそれとなく伝えておこう。

などですね。

上記のように配慮できる相手がいいです。

不安にならない=不安にさせないようにしている=配慮関係が整っている+価値観が似ているということが多いです。

こういう相手とは、遠距離とか関係なくしてうまくいきます。

遠距離恋愛で不安になると、破局しやすい

下のどれかに至るケースが多いです。

  • 疑いまくって破局
  • 片方が飽きて破局
  • (自然消滅)

疑いまくって破局

浮気の心配や生活についてなど、とにかく束縛にも近い質問攻めによって、相手が嫌気をさしてしまい破局します。

片方が飽きて破局

不安になる=恋愛の主導権を握られる

対等であるはずの恋愛に、主従関係が生まれやすくなります。

彼女側が過度に尽くす→当たり前になる→ありがたみがなくなる→彼女側は蔑ろにされていると感じる

この時点で、

  • 彼氏側に恋愛の主導権がある
  • 彼女のことに飽きてきている

ケースが多いです。

飽きられていることを悟る→嫌われないようにより一層彼氏に尽くす→で彼氏はどんどん飽きていく→割と彼女がどうでもいい存在になる

負のスパイラルです。

なので、不安にならない相手がおすすめです。

6.本気かどうかより、自分軸で決めましょう

  • 自分的に許せるのであれば、ok
  • ダメならさようなら

という感じで、自分の中の許せる軸を決めた方が手っ取り早いです。

本気かどうか問い詰めたところで、「本気」としか答えないことは目に見えています。

明確な証拠でもない限り、本気かどうかを判断するのは難しいです。

私の例を挙げるのであれば、行動に移さないものは全て本気度が低いと判断します。

  • いつまでも同棲にむけて進めない→本気度が低いと判断
  • すぐに同棲にむけて動いてくれた→本気度が高いと判断

こんな感じです。

なので、毎日連絡をしてくれないのが本気じゃないと判断するのであれば、そうしていいと思います。

じゃないと、我慢して付き合うことになるので、あまり上手くいきません。

記事を書いてる人
me
暇チャットで男性研究がてらに、メッセージ100人越え(自慢ではない)でデータ集め+実験。 たった一人とだけデート→遠距離恋愛3ヶ月を経て2年後に結婚。 心療内科の受付で人間観察。「ひねくれている、斜めに物を見る」と言われるも、それがけっこう当たる。 *院内の仮面被り女の本質見抜いたことあり(院内No.1心理士と私しか見抜けなかった) そんなこんなで、人のウソや本質?を割と見抜きやすいです。 いまでは、発言やメッセージから相手のだいたいの性格がつかめます。
\ Follow me /